2011年5月27日

簡易トイレが撤去される可能性

クライストチャーチでは、2月の震災直後に地中に埋まっている下水道が破壊され普通に水洗トイレが使えない地域があります。この地域では、政府が化学薬品を使った簡易トイレを支給していました。この簡易トイレは人々へかなりの精神的な負担を強いられており早急な下水道の修復が望まれていました。やっとこの不自由から開放されるかもしれないその方法と日程がカウンシルから述べられています。


Chemical toilets will be gone by the end of August if repair work to the Christchurch sewerage system stays on track.

もしクライストチャーチの下水道システムの修理が計画通りに運ばれたとき、簡易トイレ(化学薬品を使用)が8月末に撤去されるかもしれない。

City council staff and contractors had been working to a September deadline, but they said yesterday they planned to have temporary solutions in place a month earlier.

シティカウンシルスタッフとコントラクターは9月にその修理を終えるように目標を設定しているが、彼らは1ヶ月早い一時的な解決法を計画していることを述べた。

About 40,000 households were either unable to flush or have been advised not to after the earthquake on February 2.

およそ40,000世帯は(9月の震災のあと)水を流せないか、2月の地震のあとに水を流さないように指導されている。

Between 10,000 and 12,000 households, mainly in eastern Christchurch, are still using either chemical toilets or portaloos.

主にクライストチャーチ市内の東部の10,000から12,000の世帯の間で、彼らは、簡易トイレ(化学薬品を使用したもの)かポータールー(イベントなどで使われる移動式簡易トイレ)のいずれかをいまだに使っている。

Council water and waste manager Mark Christison said "a variety of techniques" would allow residents in badly damaged areas such as Bexley and Avonside to use their toilets again.

カウンシルウォーターアンドウェストマネージャー、マーク・クリスティソンは、ベックストレイやエイヴォンサイドなど震災被害の大きい地域に住む人々が彼らのトイレを再度使用できるようにするために、いくつかの技術があると述べた。

"Whilst an area might have really damaged sewers we might have a section we can use as a holding tank and plug both ends.

下水道の損傷が本当に深刻な地域において、タンクを設置する場所を確保してから、損傷をしている下水管にふたをすることができる。

"Or we can lay temporary shallow sewers and connect laterals [pipes from individual homes] to that. Then we can over-pump it to a working piece of sewer."

または、私たちは一時的な下水道を浅く寝かせ、それぞれの家にパイプをそれに接続することができる。それから、私たちはポンプを使ってそれを(現在)使えているいくつかの下水管へ流すことができる。

Some houses would be fitted with a septic tank as was done after the September quake, he said.

9月の地震のあとでもそうしたように、いくつかの家には腐敗タンク(または屎尿タンク)が設置されるだろう、彼は述べた。

Christchurch Mayor Bob Parker said long-term repairs would take several years.

クライストチャーチ市長ボブ・パーカーは、長期間で修理を要するものは、その修理が完了するのに数年かかると見込まれている、と述べた。

"We will be keeping residents updated on progress and we will work hard to limit disruption to roads and communities."

私たちは居住者の人々へ進展状況を逐一報告し、道路や地域が寸断している状況を改善(または最小に)するために一生懸命に努めるつもりだ。


(もしかすると)日本でも一昔前にあったシステムに良く似たもののように思います。 いずれにしても、いつでも安心してトイレが使えるようになること、その日が近いことを祈りたいと思います。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/christchurch-earthquake/5062647/Chemical-toilets-on-way-out-as-city-sets-new-deadline

0 件のコメント:

コメントを投稿