2011年5月31日

管財人の管理下に置かれたヤロウズ

サウスタラナキにあるパン屋さんで、ニューワールドのスーパーマーケットで食パンその他のパンを納入してるわりと大きな会社です。


Major South Taranaki business Yarrows the Bakers has gone into receivership.

サウスタラナキにある主要なビジネスであった、ヤロウズベーカリーが管財人の管理下に置かれることになった。

(中略)

Currently employing 150 staff and baking up to 40,000 loaves of bread a day, Yarrow's is one of the last independent bakeries in New Zealand. It was founded in 1923 by Alfred and Grace Yarrow.

現在150人のスタッフが雇用されており、毎日40,000ものローフパンを焼いているヤロウズは、ニュージーランドにおいて最も長く独立したベーカリーだった。ヤロウズは1923年にアルフレッドとグレースヤロウズによって設立されている。


知る人ぞ知る、ここのパンはサブウェイのサンドイッチ用のパンとしても出荷されており、海外にも進出しています。別の記事を確認すると、ロトルアとオーストラリアの工場はそのまま通常営業するようです。タラナキの小さな町だけが直撃されたようで、何かそれなりの理由がありそうです。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/taranaki-daily-news/5080415/Yarrows-in-receivership

0 件のコメント:

コメントを投稿