2011年5月18日

予算を架空計上していたITO

これは昨日の6時のニュースのトップで報じられていたかなり悪質な事件で最初それを聞いてもピンとこなかった人はたくさんいると思います。ちなみに、ITOはIndustry Training Oganisationsの略で、彼らは税金で運営されています。一般にもそれほど知名度のある組織ではないです。

気になるところだけ簡単に。

Almost half New Zealand's industry training organisations will have to pay back millions of taxpayer dollars after a review found they had claimed money for people not in training – 11 of whom were dead.

彼らが予算のために申告していた人々は訓練されていなかった - 再調査において、彼ら訓練生のうち11人はすでに死亡したことを見つけた後、ニュージーランドにあるトレーニングを提供している団体・組織のほとんど半分は、数ミリオンにも及ぶ税金を返却しなければならない。

A six-month Tertiary Education Commission review, the first of its kind, found 18 out of 38 ITOs could not show their trainees were in employment. They are required to do so because workplaces administer the training.

6ヶ月もの間、ターシャリーエデュケーションコミッション再調査が実施され、38のITOのうち、18が彼らが雇用している訓練生がいないことが発覚した。それはトレーニングを提供している場所であるため、訓練生がいなければならない。

The ITOs must collectively pay back $4.3 million, leading to concerns that some may not survive as a result.

ITOは回収し$4.3ミリオンを返却しなければならない、これによりいくつかは結果的に生き残れない不安がある。

The review was into 2009, when the 38 ITOs were given $163m in funding. After mergers, there are now 36 ITOs.

$163mの予算が38ものITOへ与えられたとき、2009年への再調査が実施された。合併後、36のITOになっている。

Building and Construction Industry Training Organisation chief executive Ruma Karaitiana, whose ITO must repay money, said he would not be surprised if some had fiddled the system.

ビルディングアンドコンストラクションインダストリートレーニングオーガニゼーション(建築・建設業界トレーニング部門)の代表、ルマ・カライティアナ氏は、ITOはお金を返却しなければならないとし、もし誰かがシステムを不正にごまかしたのであれば、驚くことはない、と述べている。

"We've got a clean conscience about how we've behaved, [but] if you look at the raw data, there has to be people who are not able to feel so squeaky clean.

私たちは私たちの行儀について穢れない自制心を持っている。しかし、もしあなたが未加工データをみたとき、そこには潔白には感じられない人々もいる。

"I can't see a trainee that's dead being an honest mistake."

私は意図しない間違いで(すでに)死亡していた訓練生がいたのかさえわからない。

BCITO must repay $64,000 out of $20m in funding, which was proportionally small, he said.

BCITOは$20ミリオンの予算のうち$64,000を返済しなければならない、その割合はとても小さいものだ、彼は述べた。


この組織は国内にある特殊な業種における職務技術の水準を支援するために設立されたようです。どれだけ役に立っていたのかは定かではありませんが、今回発覚がなければ今後も同じ規模の無駄遣いが続いていたのかと思うと、ぞっとします。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/education/5017269/Taxpayers-owed-millions-by-ITOs

0 件のコメント:

コメントを投稿