2011年5月22日

続行するWELLYWOOD

追加: ジョン・キー首相は、WELLYWOODよりもWELLINGTONのサインのほうがいいかもしれないとコメントを残しているようです。ちなみに、この件は法廷で決着を見ることになりそうです。

Key, also the Minister for Tourism, said he thought the sign should instead say Wellington. "Bluntly I think they got the 'Well' bit right. I'd add an I-N-G-T-O-N to the end of it," Key said.

*******
しばらく前にこのネタが出たときは冗談の類だと思っていたら、どうやら話は進んでいるようです。


このサインはロサンゼルスにあるあのハリウッドのサインを捩ったもので、ホビットを製作している街、映画の街としてウェリントンをプロモーションするのがその目的だそうです。驚いたのはあのホビットの監督ピーター・ジャクソンやケリー・プレンダーガスト、ウェリントン空港周辺にも、このサインを支持している人々がいることです(サインの大きさは高さ8m、幅が30mの予定です)。

ちなみに80%のウェリントン人々はこのサインはダサいとして、他のサインを考えようと呼びかけています。


同じネタでTVNZで面白い反応があったので原文まま。

Film director Murphy could barely stop laughing when told yesterday that the idea would proceed.

映画製作ディレクター、マーフィは昨日このアイデアが採用されることを聞いて笑いをこらえることができなかった。

"We had a film industry well before this Wellywood bull***t was going on. I think it's f...ing stupid. It is copying a foreign, bull***t glamour idea and it's the pits of what people can aspire to."

俺たちはWellywoodのサインが製作されるずっと前から映画製作会社を持っている。俺はあれは愚かだと思っている。それは海外モノをコピーしただけの、とっても魅力的なアイデアで、人々が熱望していた、最悪最低のものだ。

But Chief executive Steve Fitzgerald said yesterday that the Wellywood option was easily the best.

しかしチーフエグゼクティブ、スティーヴィ・フェッツジェラルド氏は昨日、Wellywoodのオプションはたやすいベストだと述べた。

"When we judged them against the things we were trying to achieve - to celebrate the film industry, making it clear it was in Wellington, and making it globally relevant - Wellywood was the clear No1."

私たちが達成しようと努力していたものに対して(私たち)それらを選定していたとき - 映画産業を祝うこと、そしてその産業がウェリントンにあることを明白にし、さらにそれを世界に関連付けようとしたとき - Wellywoodは明らかにナンバー1だった。

A Hollywood-style sign saying Miramar was a "reasonably distant No2".

ハリウッドの文字をMiramar(ミラマー)にしたものは、無理なく可能性が低い2番手になるだろう、と述べた。


議論は白熱していたようです。ハリウッドの字体でMiramarだったら、そのままWellingtonでいいのではないかと思います。何かハリウッド(またはその字体)に絡めないとやってけないのか、誰か字体を貸して稼いでいる人物がいるのか、何かすっきりしないものを感じます。

すべてはワールドカップでやってくる旅行者を楽しませるための一案なので、(フェイクではなく)もうちょっとニュージーランドらしさのある、気の利いたものを、という人々の意見をもう少し汲んだほうがいいように思います。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10638520

0 件のコメント:

コメントを投稿