2011年5月29日

ワールドカップが促進させるWiFi

一部有料になるようです。

Auckland will bolster its "patchy" wi-fi service for the Rugby World Cup - but users will have to pay for the service.

オークランドはラグビーワールドカップのために"つぎはぎだらけの"WiFiサービスを補強するだろう - しかしユーザーはそのサービスを使うためにお金を支払わなければならない。

Auckland Council is tendering to expand its public wireless internet network. The charges are expected to range from $3, for an hour or 60 megabytes, to $30 for a week or 1.2 gigabytes.

オークランドカウンシルは無線インターネットネットワークを拡張するための入札をしている。料金は1時間または60メガバイトあたり$3から、1週間または1.2ギガバイトあたり$30を予定している。

This comes as Wellington Mayor Celia Wade-Brown announces Wellington City will provide a free CBD wi-fi service in time for the cup, and Dunedin and Hamilton councils also promise some free wi-fi.

これによりウェリントン市長セリア・ウェード-ブラウンが、ウェリントンシティはワールドカップが開催中にCBDで無料のWiFiサービスを提供することを公表し、ダニーデンそしてハミルトンカウンシルもいくつかの無料WiFiを提供することを約束している。

The Auckland city wi-fi network covers parts of Aotea Square, Parnell, Viaduct Harbour, Ponsonby, Newmarket and Remuera.

オークランドシティWiFiネットワークは、アオテアスクエアの一部、パーネル、ヴィアダクトハーヴァー、ポンソンビー、ニューマーケット、そしてレミュエラまで提供されている。

Auckland Council's economic development manager Harvey Brookes said he hoped to expand it to key locations like Eden Park, North Harbour Stadium, train stations and taxi ranks.

オークランドカウンシルエコノミックデヴェロップメントマネージャー、ハーヴェイ・ブルックスは、WiFiが使える主要な地域を、ノースハーヴァースタジアム、駅やタクシー乗り場などへ拡張することを望んでいると述べている。


ちなみに、日本の公衆WiFiは世界でも最悪の部類だと思います。スターバックスでネットにつなげようとしても日本のプロバイダーに契約していないと接続できないし、国内の空港や駅、バス停など公共機関で使えるところはほとんどありません(唯一国際線のゲート前に無料のWiFiスポットが提供されていました)。この最大の弊害を解消するには、公衆WiFiにつなげるためだけに存在する日本のプロバイダーの別料金システムをやめさせるべきです。これがあるばっかりに、少なくとも海外からふっと立ち寄った"メールやクラウドを使うユーザー"が気軽に使えるインフラとはなっていません。非常に残念です。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10728780

0 件のコメント:

コメントを投稿