2011年6月21日

年金利292%を請求するテキストローン

避難の集中砲火を浴びていた、このテキストローン(携帯電話のテキストを使ったローン融資)、292%の金利は暴利にしか見えませんが、それでもヨーロッパでは顧客を増やしていたようです。

The Finnish company behind a new text-a-loan service has defended the 292 per cent per annum interest rate for its instant loans, claiming it was justified by meeting a market need.

新しいテキスト-ア-ローンを提供しているフィニッシュカンパニーが、インスタントローンに適用している年金利292%において正当性を主張し、市場の需要を満たすことによって証明されていると述べている。

Richard Yoon, director and country manager of Ferratum New Zealand, said if the company charged 500 per cent per annum for a $100 loan over 30 days, the customer paid only $1.36 a day. ''That's not high,'' he claimed.''Frankly speaking everybody thinks it's very high but default fees can be high on credit cards and dishonoured cheques.''

フェラタムニュージーランドのデイレクター/カントリーマネージャー、リチャード・ヨーンは、もし会社が500%の年金利で、$100を30日間の貸付したとすると、顧客は1日あたり$1.36の金利を払うことになる。”それは高額ではない”彼は主張している。率直にいえば、誰でもそれは高いと考えるが、デフォルトフィー(焦げ付き回収費用)はクレジットカードや不渡りチェックにおいて高く設定されている。

But the Retirement Commission, which provides budgeting advice to consumers, says any interest rate over 10 per cent per annum for a personal loan would be regarded as high and people should shop around before signing up to any deals. The average interest rate on credit cards is 18 per cent, the commission said.

しかし、消費者へ家計のアドヴァイスを提供しているリタイアメントコミッションは、年金利10%を超える個人融資は高額であり、それらいかなる高額のローンを組む前に他を業者をいくつかあたるべきだ。クレジットカードの平均金利は18%、コミッションは述べている。

The Finnish business has operated since 2005 and now has 15 branches in Europe and 700,000 clients.

フィニッシュビジネスは2005年から営業されており、ヨーロッパで15店舗、700,000人の顧客がいる。

It wants to grow its client base to 1 million by year end, but doesn't expect to make a profit in New Zealand for the first year.

それは顧客数をもとに毎年1ミリオン成長させたがっているが、ニュージーランドでの最初の年は利益が見込めない状況に陥っている。

The company provides short-term, unsecured quick cash loans of up to $600 via a mobile phone. Loans could be granted as quickly as within four minutes. Ferratum paid $5 to credit check every applicant and there was also a $5 bank transfer charge.

この会社は携帯電話をつかった$600までの短期間で無担保の即時現金ローンの融資を用意している。このローンは4分以内で早急に融資されることがある。フェラタムはすべての申請者のクレジットチェックのために$5を支払い、$5の銀行振り込み費用が請求される。

Yoon, who has a lengthy banking background in New Zealand, said the ''micro-loan'' facility, for which there is a $28 establishment fee, is for ''urgent financial problems'' and filled a need in the market. ''If we don't have them, who's going to have them? The bank? No. The finance companies? They take time.''

ニュージーランドで長らく銀行で働いていたヨーンは、マイクロ-ローンは急ぎの融資のための、$28の開設費用で始めることができる公共向けサービスで、市場の需要を埋めている、と述べた。

He wouldn't reveal the group's default rate, saying it was commercially sensitive. ''We are successful in Europe. If we get good data (here) we can stay,'' Yoon said. ''We are a small company but if we can make New Zealand banks speed up, that's good for New Zealanders.''

彼はグループのデフォルトレートを公開しようとせず、それは企業秘密だと述べた。私たちはヨーロッパで成功を収めている。もし私たちがよいデーターをここで得られるなら、私たちはここに留まることができる、とヨーンは述べた。私たちは小さな会社だが、もし私たちがニュージーランドの銀行を加速することができれば、それはニュージーランドの人々にとっても良いことだ。

Wayne Croad, managing director of rival lender Finance Direct, said there should be an onus on lenders to ensure people could afford to repay their loans.

ライヴァル貸し手、ファンナンスディレクトのマネージングディレクター、ウェイン・クロードは、人々が彼らのローンを返済できるか保証することは貸し手の義務だと述べた。

''It is morally bankrupt of lenders to not ensure that borrowers have the ability to repay via checking their credit rating and affordability. You shouldn't have someone paying 300 per cent interest rates to subsidise someone else who is not going to pay.''

それは道徳的に破綻した貸し手は、クレジットレーティングと返済能力のチェックをして借り手の返済できる能力を確保することをしない。あなたは返済できない誰かの援助されたお金に300%の金利を持たせるべきではない。

Finance Direct rates start at 12.95 per cent for low-risk customers. The company had a rate for risk model but would not charge ''exorbitant'' rates or fees to justify a lending proposal. ''This is what second tier mortgage lenders did in America and Europe  they didn't check affordability or people's credit ratings when lending on mortgages and this equalled total disaster, socially and economically,'' Croad said.

ファイナンスディレクトはリスクの少ない顧客であれば12.95%の金利から融資を提供している。会社にはリスクモデルのためのレートがあるが、法外なレートはなく、または借り手の申し込みに応じた費用が課せられる。(即金ローンは)2番目の階層にあるモーゲージの貸し手がアメリカやヨーロッパでやったことで、彼らはモーゲージを融資するときにを借り手の返済能力やクレジットレーティングをチェックしておらず、これが同程度に社会と経済への大災難になっている、クロードは述べた。

''Cash in a flash type lending with no due diligence is simply irresponsible lending regardless of the rates and will come home to roost.'' 

審査なし即金タイプの貸し手は、金利がどうであれ単純に責任能力のない貸し手で、(結局は)自分たちの身に跳ね返ってくるだろう。


一度でも楽をして融資を受けると、借りることに罪悪感を感じなくなり、繰り返し融資を受け、そのまま借金地獄にはまってしまった人々は少なくないです(なので、なるべくお金は借りないほうが賢明です)。生活費が厳しい場合は、一度はWINZで相談されることをお勧めします(生活費だけに限って言えば、ベネフィットを受給されている方でも他の手当てや追加の支援が得られることがあります)。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/money/5168879/Text-a-loan-company-defends-rates

0 件のコメント:

コメントを投稿