2011年6月26日

2種類のコーラが流通しているニュージー

ニュージーランド産のコカ・コーラが1缶あたり$2を超えるようになってから、アメリカ産のコーラが並行輸入でニュージーランドに流通しています。まずは写真を。




外観によるアメリカ産コーラの違いは:


  • 小さいトップリング
  • 幅広い飲み口
  • 深紅の赤いボディ
  • 大きなカロリー表示
  • ミリリットルとオンス共に表示
  • フルクトースコーンシロップ配合

成分による違いは、ニュージーランド産は砂糖を、アメリカ産はフルクトースコーンシロップを使用しており、アメリカ産が140カロリーで45mgの塩分に対し、ニュージーランド産は153カロリー36mgの塩分が含まれています。


代理店のコカ・コーラ・アマティルによると、このコーラの並行輸入は違法にはならないようですが、消費者へはメイド・イン・ニュージーを購入するよう勧めているとのことです。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/life-style/5193697/American-Coke-fails-Kiwi-tastebud-test

0 件のコメント:

コメントを投稿