2011年6月20日

6月13日ChCh大地震 - 1週間後

6月13日に起きたM6.3の余震から1週間が経っています。気になった記事を簡単に。

ほとんどの上水道が復旧


当初10%の世帯が水道のない生活を強いられていましたが、一週間たってやっと復旧したようです。記事元で確認するかぎり、煮沸の必要がなく、飲料水として使えるようです。電気の完全復旧はあと2ヶ月ほどかかる見込みです。

Christchurch Mayor Bob Parker said everyone in the city should now have their water supplies reconnected after a week of repairs. Around 10% of the city lost its water supply after the 6.3 magnitude aftershock which followed a 5.6 jolt. Meanwhile, repairs to the city's electricity supply are likely to take two months to complete.


さらなる支援を求めているウーマンズリフュージ

行き場を失った女性を保護しているウーマンズリフュージ(直訳すると女性避難所)で支援を求める女性が増えているようです。今必要としているのは;

"We need phone cards, as landlines are down and our families use mobiles, we need food that does not rely on water and is easily prepared, such as Up and Go for breakfast and muesli bars, and we need clothes.

(固定電話が壊れているため携帯と電話するための)テレホンカード、水を必要としない食べ物、シリアルやミューズリーバーや衣服など。

もし他に寄付できるものがあるという方は、メールアドレス info@refuge.org.nz ; 電話 (04) 801-2704 ; またはウェブサイト www.womensrefuge.org.nz で連絡をお願いします。

"I am not sure if people outside of Christchurch really know how bad this is for us," said Herbert. "February 22 was a 6.2 quake and Monday was a 6.3. We have the same eastern suburbs broken and shaken once again, people coming home to find they have no crockery, no water, no power, and liquefaction covering roads and properties. "We are getting better at keeping safe in these quakes and fortunately that may have meant that no one was killed in the latest series of quakes, but that does not mean we do not need help." Herbert said the women's refuges in Christchurch urgently needed supplies.


見積もりできない復興費用


クライストチャーチ復興大臣ゲリー・ブラウンリーはクライストチャーチの復興にあとどのくらいの費用が要するか即答が難しいと述べています。当初$6ビリオンほどかかる見込みと報道していましたが、その数字に確証は得られていないようです。ちなみに、この大臣の発言は様々なことで2転3転しているため、彼のその態度に不満を持っているクライストチャーチ住民は少なくないようです。

The extra cost to the Christchurch rebuild caused by the latest major aftershocks remains unconfirmed. Despite a $6 billion estimate being made this week, Earthquake Recovery Minister Gerry Brownlee said today the financial cost was "little hard to quantify".


有料化を希望している学生ボランティア


これはかなり意見が分かれると思います。記事元はどちらかといえば、既存のボランティアを擁護した内容になっていますが、もし、学生がそれを望む傾向が今後強くなる場合、いくらかの支払いが必要になる可能性はあるかもしれません。記事にあるように、現在彼らはアサイメントやレポートで忙しく、昨今の経済不況でアルバイトが見つからない学生も多いので、震災者とともに彼らを助けることも大事なことのように思います。彼らの言い分にも一理あるので、興味のある方は記事元の参照を。

The SPA - Student Profiteer Army - has been created by Rohan Snarlerino and James Allache as a rival to the Student Volunteer Army which has been mobilising teams to help clear up the city.


解体される12,000棟の住宅

昨日、地震復興大臣、ゲリー・ブラウンリー氏が震災被害を受けた建物のうち、おそらく12,000棟の住宅は解体されるものと見解を述べています。後日、政府がその地域等詳細を公表するようです。

Yesterday, Earthquake Recovery Minister Gerry Brownlee indicated about 12,000 Christchurch homes would probably have to be demolished.


GNSのデータの出し方に異議を唱える市長


クライストチャーチ市長、ボブ・パーカーがそれを指摘しています。彼のいわんとしていることは理解できますが、やはりこれも予測と予知の違いで、そこに地震がいつくるのか、どのくらいの大きさなのか、残念ながら、これは誰にも判らない、または基本的に予知できないこととして認識するしかないように思います(数字は尊重するものの過信はしない、など)。ただ、GNSも人々の不安を駆り立てるようなデータの開示方法は慎むべきだと思います。

Christchurch Mayor Bob Parker is upset at the way GNS Science data predicting the probability of a big quake has been portrayed. The GNS Science forecast says there is a 23% chance the Canterbury region would be hit by a quake of 6.0 to 7.0 magnitude in the next year. Christchurch city councillors and community board members were told of the forecasts at a meeting of the Canterbury Earthquake Recovery Authority (Cera) last week, and Christchurch city councillor Sue Wells then posted the forecasts on her blog.


クライストチャーチから去る人々


当初のオンライン調査では20%と少しの人々がいますぐにでもクライストチャーチから離れたいと回答していたようですが、実際のところ、もっと多いのではないかと推察されます。政府の支援はあまりに遅く、精神的な疲れはたまる一方で癒されることがなく、目の前の支払いに困窮し将来に不安しかないと思う人々が増えています。また、液状化現象により噴出する汚泥に終わりが見えず、スコップを持つのもつらいのでとりあえず去ることを決めた人や、度重なる停電や断水、終わらない余震にうんざりして海外へ去った人もいらっしゃるようです。もし自分ならどうするか、と自答したときに初めて、真剣に取り組むことができる問題のように思います。

Christchurch residents who have endured months of disruption and trauma are planning to leave, TV ONE's Sunday has been told. One couple said that despite all of their equity being tied up in their house they will "walk away with nothing and leave it here".

0 件のコメント:

コメントを投稿