2011年6月27日

南極海上空を通過する小惑星

地球に直撃することはないようです。


NASAによると、その小惑星は南極海上空12,000kmの地球表面スレスレを朝4時から5時の間に通過する予定で、ニュージーランド、オーストラリア、そして南アフリカから肉眼で見えるかもしれないそうです。この小惑星の名前は2011 MDで10mの長さを持ち、ニューメキシコの天体望遠鏡で先週発見されたようです。この小惑星の軌道は地球の地表から17,700km以内で、これは月と地球の距離の23倍近い距離だそうです。

”先週見つかった” というところが、若干引っかかります(笑)。

The space agency says the small space rock will pass 12,000 kilometres above Earth's surface over the southern Atlantic Ocean at between 4 to 5am and may be visible from New Zealand, Australia and South Africa. The asteroid, dubbed 2011 MD, is about 10 metres long. It was discovered last week by a pair of robotic telescopes in New Mexico that scan the skies for Near Earth Asteroids. The asteroid will miss the Earth by less than 17,700km - about 23 times closer than the Moon.

ネタ元:http://tvnz.co.nz/technology-news/asteroid-poses-no-danger-earth-4267219

0 件のコメント:

コメントを投稿