2011年6月7日

メラノーマの死亡率を減少させる薬

ロッシュと第一三共との共同開発だそうです。


Two new drugs using very different scientific approaches can extend survival among patients with the deadliest form of skin cancer, offering the first new hope for real progress in many years.

まったく違う科学的な試みを使った2つの新しい薬が(患者の中で)皮膚がんの中でも死亡率の高い患者がその延命を伸ばすことができる、長年に渡る真の進歩のための最初の新たな希望が提供されている

Advanced melanoma patients taking an experimental pill, vemurafenib, developed by Roche and Daiichi Sankyo were 63% less likely to die than patients given chemotherapy, according to a new trial.

新しい研究によると、進行性メラノーマの患者が、ロッシェと第一三共が開発した試験用ピル、黒色腫治療薬(vemurafenib)を摂取することにより、死亡する率が化学療法よりも63%も少なくなることが明かになった。

Dr Paul Chapman of Memorial Sloan-Kettering Cancer Center in New York and the study's lead investigator called the results an "unprecedented level of difference" for patients with advanced melanoma, who typically survive just eight months on current treatments.

ニューヨークにあるメモリアル・スローン・ケタリング癌センター、そして研究を率いた調査担当のドクターポール・チャップマンは、この研究結果は、現在の治療では8ヶ月しか延命できない進行性メラノーマの患者にとって、前例のない画期的なレヴェルだと呼んだ。

(中略)

The Roche trial included 675 patients with previously untreated, inoperable late-stage metastatic melanoma with the BRAF mutation.

ロッシュの治験は、手術不可能な転移性悪性黒色腫の突然変異を伴った末期的転移性メラノーマや、過去に治療がされていない675人の患者を含んでいる。

After a median three months of treatment, vemurafenib patients also had a 74% reduction in the risk of cancer progression compared to dacarbazine.

治療の3ヶ月の中央値のあとに、転移性悪性黒色腫の患者はガンの進行のリスクにおいて、ダカルバジンと比較すると74%の減少も確認された。

"This is a huge difference," said Dr Antoni Ribas, an oncologist at the University of California, Los Angeles, who has studied vemurafenib. "Even if it diminishes over time, who cares?"

これはとても大きな差だ - ロサンジェルスにあるカリフォルニア大学の癌専門医、転移性悪性黒色腫治療剤を学んだ、ドクターアンソニー・ライバスは述べた。それが時間とともに減退したとしても、誰が気にかけるのか?

"Nearly half of patients treated with the Roche drug had tumor shrinkage, compared with 5.5% with chemotherapy.

ロッシュの薬で治療した50%近くの患者は腫瘍が縮小し、それに対し、化学療法では5.5%だった。

Side effects included skin rashes and joint pain. About 18% of patients developed a low-grade skin cancer.

副作用は湿疹と関節痛を含んでいる。患者の18%が低悪性の皮膚ガンを発症していた。

More than 70,000 people in the United States and 160,000 worldwide are diagnosed with melanoma each year, according to the American Cancer Society. The five-year survival rate for the aggressive cancer is just 15%.

アメリカがん協会によると、合衆国で70,000人、全世界で160,000人の人々が毎年メラノーマと診断されている。侵襲性ガンにおける5年間の生存率はちょうど15%である。


そもそもニュージーランドは紫外線が強く、皮膚がんになる確率も高いため、この薬の研究結果の意義は大きいと思います。ちなみに、ニュージーランドは曇天でも焼けることがあるので、(二中出かけるときは)日焼け止めは必需品です。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/health-news/new-melanoma-drugs-improve-chances-survival-4207498

0 件のコメント:

コメントを投稿