2011年6月1日

MSGが過体重や肥満の原因に

MSGはグルタミン酸ナトリウムの別称で、チャイニーズテイクアウェイで良く使われている化学調味料です。

The flavour enhancer monosodium glutamate (MSG), most often associated with Chinese food and after-dinner headaches, may also be expanding waistlines, a new study finds.

ほとんどの場合チャイニーズフードや食後の頭痛との関連がある調味料、ソディウムグルタミン(MSG)が、ウエストラインにも影響があるかもしれないことを新しい研究が発見した。

Researchers found that people who eat more MSG are more likely to be overweight or obese. And the increased risk wasn't simply because people were stuffing themselves with MSG-rich foods. The link between high MSG intake and being overweight held even after accounting for the total number of calories people ate.

調査員たちは、MSGをたくさん摂取する人々は過体重または肥満になる傾向にあることをみつけた。そして、人々はMSGがたくさん含まれた食事を自分たちで詰め込んでいるため、増大するリスクは単純なものではなかった。

Ka He, a nutrition expert at the University of North Carolina, Chapel Hill, who led the study, said that although the risk of weight gain attributable to MSG was modest, the implications for public health are substantial. "Everybody eats it," He said.

チャペルヒルにあるノースカロライナ大学、この調査を率いた栄養学の専門家Ka He氏は、MSGが体重増加のリスクとして起因することは控えめだけれども、公共保健からみたMSGとの密接な係わり合いは十分である。人々みんなそれを食べている、彼は述べた。

MSG is one of the world's most widely used food additives. Although it tends to be more popular in Asian countries, Americans manage to get their share in processed foods, from chips to canned soups, even when it's not labelled as such.

MSGは世界でも最も広く使われている食品添加物のひとつである。それはアジアの国々で一般的ではあるが、アメリカでは、ラベルにその記載がなくとも、チップスから缶入りのスープなどの加工食品にそれらが使用され管理されている。

MSG is considered safe, but some people complain of headaches, nausea and other bad reactions it.

MSGは安全と考えられているが、幾人かの人々より、MSGにより頭痛や吐き気、そして有害反応等の苦情が報告されている。

Several studies have examined the potential link between MSG and body weight, with conflicting results. Scientists have speculated that people may eat larger helpings of food with MSG because it just tastes better. Other evidence suggests that MSG might interfere with signalling systems in the body that regulate appetite.

いくつかの研究はMSGと体重において相容れない結果と供に潜在的な関連性が指摘されている。科学者は人々は食事にMSGを入れると大幅に味覚が得られるため摂取しているのではないかと推測している。他の証拠では、MSGが体内で空腹感を司るシステムから送られるシグナルの障害となっていると指摘している。

In the latest research, published in the American Journal of Clinical Nutrition, He and his colleagues followed more than 10,000 adults in China for about 5.5 years on average.

アメリカで発行されたクリニカルニュートリションジャーナルの最新の情報では、彼と彼の同僚は中国で10,000人以上の成人を平均5.5年間調査した。

The researchers measured MSG intake directly by before-and-after weighing of products, such as bottles of soy sauce, to see how much people ate. They also asked people to estimate their intake over three 24-hour periods.

調査員がどのくらい人々が食べたかをボトル入りの醤油を使い、MSGの摂取量を事前・事後で測定した。彼らは3回24時間の期間において、どのくらい摂取したかも人々へ尋ねている。

Men and women who ate the most MSG (a median of 5 grams a day) were about 30 per cent more likely to become overweight by the end of the study than those who ate the least amount of the flavoring (less than a half-gram a day), the researchers found. After excluding people who were overweight at the start of the study, the risk rose to 33 per cent.

MSGを一日あたり5グラムを摂取した男性と女性は、一日あたり0.5グラムを摂取した人々と比較すると、調査の最後には過体重になる傾向が調査員によりみつけられている。調査が始まるときに過体重で省かれた人々において、そのリスクは33%も上昇している。


中国製のMSGを砂糖か何かの調味料と間違えて大量投入した炒め物を食べてしまい、意識障害・呼吸困難に陥ったことがあります。このMSGは大量に摂取するとかなり危険な症状をもたらすことがあるので、注意が必要です。できるなら、MSGが使われていない食べ物だけを食べることをお勧めします。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/life-style/wellbeing/5075575/MSG-linked-to-weight-gain

0 件のコメント:

コメントを投稿