2011年6月29日

長く自宅に居続けるジェネレーションY

日本でも両親の家に長く住む若年層が増えているようですが、オーストラリアでも同じことが起きています。

A survey of Australian mortgage-holders under the age of 30 found 71 per cent of respondents claimed never to have rented a property.

オーストラリアにいる30歳以下でモーゲージを支払っている人々を対象にした調査で、71%の人々が家を借りたことがないことが明らかになった。

The survey of 1000 Gen-Yers also found that 76 per cent admitted staying at home longer than they would have liked in order to avoid paying rent, for the purpose of saving for a home loan deposit.

調査は1,000人のジェネレーションYを対象にしたもので、76%の人々が家賃(レント)を払うことを避けホームローンの頭金を作るため、自宅により長く住んでいたことも明らかになった。

''There has been a long-standing trend towards extended living in the parental home before leaving to rent,'' Mr Sulicich said on Tuesday, releasing the survey findings.

それは家賃を払う家に住む前に、両親の家で長く住むことが長期的な傾向になっている、とSulicich氏は調査結果を公表し述べた。

''What we are now increasingly seeing is younger Australians using this time to save for their own home instead and avoiding renting.''

今の時期を使い家を借りる代わりに貯蓄にする若いオーストラリア人が現在増えている。

The trend towards extended living at home for the purpose of savings for a deposit is strongest in Sydney, Perth and Melbourne, where housing affordability concerns are most prominent.

この傾向は積立金を作る目的のために自宅に長く住むことで、これは(他の都市よりも)住居の購入が難しい、シドニー、パース、そしてメルボルンで顕著になっている。


ニュージーランドだとオークランド周辺が高騰していますが、それでも収入の比率で考えるとオーストラリアの家はさらに割高だと思います。普通に学校を卒業して、普通に就職して、普通に家賃を払っていると、家を購入する資金はおろか、(家を買うための)頭金を作るのさえ難しいのが現実のようです。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/life-style/5202783/Gen-Y-living-at-home-to-save-for-own-house

0 件のコメント:

コメントを投稿