2011年7月15日

ニュージーランドGDP0.8%上昇

クライストチャーチ地震とリセッションによる経済不況で誰もが悲観していたこのGDPにおいて、一番驚いていたのはニュージーランド統計局のようです。この衝撃的な数字は世界の主要紙でも報道されています。

NBR を確認すると、統計局が今回のGDPデータの発表前に違和感を感じ、自分たちでその数字が正しいかどうか確認していたそうです。つまりそれだけインパクトのあ る出来事です。当初の予測では0.4%でした。今回の最新のデータにより、12月四半期が0.2%から0.5%へ修正されました。そして、年間GDPは 1.5%となっています。

で、何が影響したのか? (記事を見る限り)製造業で機械・設備などが3.6%も上昇しており、これが今回のGDPを引き上げた要因のようです。ただし、ニュージーランドの製造業が活発になっているという報道はあまりされていません。

別の記事をみると、オーストラリアと中国との取引が堅調だと指摘しています。


統計局のデータ(PDF)をみてみると、


かなり特異な形をしたグラフです(笑)。


そしてマニュファクチュアリングだけのグラフをみると、


何かの特需があったとしか思えません。


ちなみに震災後に活況するといわれていた建設業はこんな感じになっています。


かなり厳しい状況です。

興味のある方は、ぜひ統計局が公表した記事の確認を。


The rise - of 0.8% of GDP for the March quarter - was well above the consensus forecast of 0.4% and covers the period of the second, and most calamitous, Christchurch earthquake.

It also came at a time when many people were musing about the possibility of a double dip recession.

Today’s result – which was delayed, partly because of the Christchurch earthquake and partly (from last week) because the result was so unexpectedly upbeat Statistics New Zealand staff re-checked the numbers – confounds the pessimists.

Today’s figures also revise the December quarter’s GDP figure, which was recorded at the time as 0.2% but is now 0.5%.

That takes annual GDP to 1.5%.

The largest contributor was manufacturing, where output rose 3.6%, with machinery and equipment manufacturing leading the way. This follows a 3.5% rise in the previous quarter

Primary industry activity actually declined, by 0.6%, mostly due to a 5.3 % drop in mining activity. Forestry and logging fell by a margin-of-effort 0.1%, after a 6.1% rise in the December quarter.

ネタ元:http://www.nbr.co.nz/article/economic-strength-shown-high-q1-gdp-ne-97106

0 件のコメント:

コメントを投稿