2011年7月29日

10年8ヶ月で$26,000の罰金

たいした内容でないので、要点だけ簡単に。

過去10年と8ヶ月の間に、反則金と罰金を無視し続けた男性に判決が下りました。

まず男性が何をしたのかみてみると、18件の未登録車両(この罪は駐車場を含む公共の場に未登録の車両が確認されたときに適用されます)、17件の無免許運転、そして12件の車両の無車検で、これらの反則金・罰金の合計が$26,375に達したそうです。

で、彼に対し出された判決が、$26,375の反則金・罰金の支払い、5ヶ月の地域拘束(住んでいる地域からでることが許されない)、夜間の外出禁止令、そして160時間の公共奉仕、が命じられました。


たぶん、彼はこの金額を払わないんじゃないかと思います(笑)。ここまではよくある話で、もしまとまったお金がない人がこういう状況になると毎週いくら払うことができるか、裁判所で決められます。つまり、この人物にまったく収入がない場合、毎週数ドルの支払いが認められます。例えば、毎週10ドルを払うことが確認された場合、1年で500ドルになります。10年で5,000ドル。埒があきません(笑)。この金額は人それぞれのようです。

外出禁止令と公共奉仕は、一応担当者がつけられるので逃げようがないですが、さぼることはできます。また病欠で休むこともできます。

もし反則金や罰金を踏み倒そうとしている人々は、それなりの気合と根性が必要になるので、さっさと払うか、(事情を話すなり)それなりに対応することをお勧めします。

追記:10年以上も放ったらかしにしていた行政も問題だと思いますが、逃げようと思えばここまで逃げ切れる、悪い例のひとつのように思います。

He said that for 10 years and eight months Richards racked up just over $26,000 in fines. He still had a fine from March 1999 that had not been paid. They included 18 charges of Richards not registering his car, 17 of driving without the correct licence and 12 of having no warrant of fitness. The judge remitted the $26,375 in fines and imposed five months' community detention - curfew every night - and 160 hours of community work.

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/unpaid-traffic-fines-wiped-4332013

0 件のコメント:

コメントを投稿