2011年7月17日

3回に1回は失敗するテーザー銃

このテーザー銃は別名スタンガンと呼ばれており、電気ショックにより犯罪者をおとなしくさせるために使う警察の護身グッズのひとつです。人によってはその場に崩れ落ちることもあるので、相応のダメージを犯罪者へ与えることができます。


Police Tasers failed to work a third of the time they were fired, since the weapons' introduction in March last year, figures show.

テーザー銃は去年の3月から警察が使用できる武器として導入されているが、その使用において3回に1回は失敗していることがデータによって明らかになった。

The stun guns have been fired 102 times, but were ineffective on 36 occasions, the police's Tactical Options Research database showed, the Sunday Star-Times reported.

スタンガンは102回使用されているが、うち36回は役に立たなかったことが警察戦略オプションリサーチのデータベースが示されている、サンデースタータイムズは報じている。

The guns were "presented" to people 797 times.

その銃は人々へ797回も向けられていた。

The 36 failures were due to "operator error" with the two probes either missing the offender or failing to lodge in their skin, police said.

36回の失敗は銃の扱いによるもので、(銃をあてるさいに)犯罪者を逃していたこと、または犯罪者の肌にあてることに失敗していたこと、これらふたつの要因が顕著だった、と警察は述べている。(要約すると、犯罪者が暴れていたため銃をあてることに失敗していたことが主な要因)

Figures the paper obtained also showed the stun guns had been fired accidentally 108 times, sparking fears of police ineptitude in using the weapons.

この統計は、スタンガンをうっかり発射した事例が108回も報告されており、武器を使うことにおいて警察の愚かさ(の懸念)も暴露している。


この同じ事例をSuffも取り上げていますが、警察はこのスタンガンを14歳の少年や70歳の老人にも使用したことがあると報じています。警察は、昔のように取っ組み合いをして犯罪者と戦うよりも、このスタンガンを使ったほうが警察官が安全で労力も少なくて済むと話しているようですが、グリーン党が非難しているとおり、70歳の老人を取り押さえるのにスタンガンは必要ないように思います。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10739043

0 件のコメント:

コメントを投稿