2011年7月9日

バンドエイドで人差し指を欠損

ニュージーランド医学ジャーナルで初めてのケースとして報告されているようです。


要約すると、患者は3歳の少女で、右手の人差し指の先をガラスで怪我、親がバンドエイドで患部を処置したようです。ところが、少女がバンドエイドの取替えを拒否、バンドエイドがそのまま2週間患部に放置され、またバンドエイドが締められていたことにより人差し指の血流が悪化し、指先の第一関節より先が壊死、やむなくこのような処置になったようです。

特に指を怪我したときにバンドエイドを貼ると指先が紫や赤黒くなったりしますが、これは血流が悪くなっている症状のひとつで、そのまま放置すると指が死んでしまうという脅しが幼い時に流行っていました。当時、半信半疑でそれほど深刻には考えていませんでしたが、今回のように実際に症例が報告されると、あのときもしかすると(あの脅しがなければ)誰かがこのような結果になっていたのかなと考えるとちょっと恐ろしい感覚に陥りました。今回は患者が3歳なので、やはり親の監督責任が問われる問題のようにも思えます。

A toddler's fingertip had to be amputated after a sticking plaster left on for two weeks cut off her blood supply.

The 3-year-old cut the tip of her right index finger on glass, says a report in yesterday's New Zealand Medical Journal on what is thought to be the first case of its kind.

Her parents dressed the wound with Band-Aids, one placed length-wise, the other around the finger.

"After initially complaining of pain, she refused to have the dressing removed despite multiple attempts by her parents," plastic surgeon Marcus Bisson and registrar Jonathan Heather wrote in the report.

After two weeks, her parents took her to Hutt Hospital but the flesh at the fingertip had died. A photo of the hand in the Journal shows blackened dead flesh almost to the first joint.

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10737388

0 件のコメント:

コメントを投稿