2011年7月11日

ディックスミスのウェブで全品無料

電器小売大手ディックスミスで、ウェブサイトの管理エラーのために全商品が無料になっていました。


無料になっていたのは今朝のわずかな時間で、その間に大型テレビや高額なガジェットなどクレジットカードを使って購入した客がいたことです。一人は、46インチのテレビが無料で、送料の$52.50だけを、もう一人は、40インチのテレビが無料で、送料を$4.95だけ支払っています。他にも60人ほどが商品を購入しており、Stuffの記事では、ディックスミスがそれらの顧客へ直接連絡をとり、商品購入のキャンセル、または定価での購入を勧めると報じられています。NZヘラルドの記事では、これらの顧客へ、すでに購入した商品の定価から10%引いた価格を提示すると報じています。オンラインで商品を販売している限り、(自分たちの失敗を棚に上げたままで)10%のディスカウントだと納得しない顧客もでてくるかもしれません(せめて25%はあってもいいはず)。

ある顧客は、

One Twitter user wrote this morning "Well, my order just went through. 27inch iMac. Total price: $4.95. Come on Dick Smith, be a good sport and honour it. Haha."

だけど、俺の注文はすでに入金も終わって配達を待つだけだ。27インチのiMac。合計金額が$4.95。けちけちするなディックスミス、負けを認めてその値段で売ってしまえ!(笑)

といっています。

今回購入できた顧客が一致団結し、ディスピュートトリビューナル(Disputes Tribunal)に持っていくと面白い判断が出てくるかもしれません。もしディックスミスがディスピュートで顧客を納得させられない場合は、そのあとに続く裁判で相当の法務費用がかさむことになるので、どこで線を引くかがカギとなると思います。


LATEST: Retailer Dick Smith's website is back online after being hit by an apparent glitch this morning that let shoppers "purchase" all products, including expensive plasma televisions and smartphones, for free. The glitch let one person purchase a 46-inch plasma Panasonic TV - worth more than $3000 - for free, charging only a $52.50 delivery fee. The site was taken offline for maintenance but was back by 3.30pm.  Members of online technology site Geekzone have been reporting problems with the site for a few weeks, and some were quick to take advantage of this morning's fault. One member posted: "I have successfully submitted an order for a 40" TV and an iPhone, all for the sum of $4.95 delivery which went through on my credit card." Dick Smith has issued a tweet, saying it will be in contact with people who have placed orders "to confirm cancellation or whether you would like the items at their correct pricing".

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/technology/5265642/Glitch-sees-Dick-Smith-giving-it-away

0 件のコメント:

コメントを投稿