2011年7月13日

ノースアンドサウスの表紙の写真

まずは写真を。乳児が宙吊りになっています。



その乳児の大事なところを隠すように、MIDWIVES(助産婦)とラベルが貼られています。表紙の写真だけをみていると、何がなんだかわかりません。意味不明です。なので、当然ながら、ニュージーランドミッドワイヴス(NZ助産婦協会)が、この写真を使うことにより危険なメッセージとなる恐れがあるとして出版社へ抗議しています。

The August issue of the magazine features an image of a baby being held upside down, with the word "midwives" across the infant's body. New Zealand College of Midwives advisory Norma Campbell issued a statement this morning accusing the magazine of "sending dangerous messages". She said she had received calls from midwives disgusted at the image and angry it was portraying them in a bad light.

どういったいきさつがあって”このような写真”をノースアンドサウスマガジンの”表紙”に使うことになったのかはっきりしていませんが、出版社は助産婦協会の行動は大げさだとして反論しています。

North & South editor Virginia Larson said the response was "extreme" and an over-reaction to a mocked up shot. "The 12-page article is one of the most thorough investigations into the state of New Zealand maternity care in recent times and raises serious issues about the state of our country's maternity care that deserve discussion. "For the College of Midwives to issue a press release about an obviously mocked-up cover image seems to be side-stepping the debate."

記事の中にある出版社の主張をみても、なぜあの写真を”表紙”に掲載しなければならない理由があまりに希薄で、モラルが問われる問題のように思います。


ちなみにこのノースアンドサウスマガジンは、どちらかといえば質のいい雑誌で読者も多いため、なぜこのような写真を使ったのかその真意が気になります。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10738247

0 件のコメント:

コメントを投稿