2011年7月19日

加速する労働党の支持率の低下

労働党党首フィル・ゴフ氏の賭けが失敗しています。


A shock result in the latest ONE News Colmar Brunton poll shows support for Labour plummeting.

最新のONEニュースコールマーブラントン投票において労働党に対し衝撃的な結果が示されている。

Support for the opposition has plunged to a 10-year low, with Labour polling just 27%.

過去10年間で最も低い27%が労働党を支持している。

National is up to 53% while Labour sheds seven points to 27%. The Greens take some of that vote, bouncing up to 10%, while Act and the Maori Party are both sitting around 3%.

労働党が7%減らし27%と低迷するなか、国民党はその支持率を53%へ上げている。グリーン党は10%、アクト党とマオリ党はともに3%となった。

New Zealand First (2.4%) would need to double its support to make it back, and the Mana Party (0.5%) and United Future (0.3%) are barely registering.

ニュージーランドファーストは2.4%でそれを戻すには倍の支持が必要で、マナ党は0.5%、ユナイテッドフューチャーは0.3%でかろうじて登録されている。

National would have 66 seats in Parilament on these numbers and with four each from the Maori Party and Act they would have a massive majority.

国民党は議会で66議席を獲得しておりマオリ党とアクト党から4議席を追加することにより圧倒的多数になっている。

Labour (33 seats) doesn't get close even after adding in the Greens (12) and the Mana Party (1).

労働党は33議席でグリーン党12議席とマナ党1議席を追加してもまったく届かなくなっている。

John Key got cosy with Australia's Prime Minister over the last month and spent time hitting up India for a free trade agreement. He is comfortably ahead in the preferred Prime Minister stakes with 54% support, while Goff can't make it to double figures on just 9%.

ジョン・キーは先月にオーストラリア首相と協調し、インドとの自由貿易のためにインドで過ごしていた。彼を首相として54%が支持し、労働党ゴフ党首は2桁もない、たった9%の支持しかない。

Labour says it will transform the economy with a capital gains tax - a measure Goff said is "critical to our children's future".

労働党はキャピタルゲインタックスとともに経済は変えることができると述べている - ゴフ氏は、それは子供たちの将来のために重大な対策だと述べている。

But people are quite optimistic about the future, with 52% believing the economy will get better over the next 12 months, and just 28% thinking it will get worse.

しかし人々は将来について楽観的で、52%の人々が向こう12ヶ月には景気が良くなると信じており、28%の人々が今後景気が悪化すると信じている。

(中略)

In a statement today, Associate Finance Minister Steven Joyce said Labour's tax policies would leave a huge hole in taxpayers' finances over the next 15 years and add $18.5 billion to net Crown debt.

アソシエイトファイナンス大臣スティーヴン・ジョイスは、労働党の税務政策は納税者に大きな穴をあけ、向こう15年間でクラウンへ$18.5もの負債を追加させることになる、と述べた。


この状況はかのヘレン・クラーク女史が再選されたときの雰囲気に似ています。あのとき国民党はビル・イングリッシュ氏を代表として選挙を戦い、善戦しつつも負けてしまいました。国民党はその次の選挙で、ジョン・キー氏を代表に擁立し政権を奪還しています。

もし労働党が本気で勝つ選挙をするなら、それはフィル・ゴフ氏をその代表の座から降ろし、新たな代表を擁立するしかないと思います。いまの彼のあの風貌は、あのときのビル・イングリッシュ氏と良く似ていて、笑顔はあれど、どこか堅物な印象を与えており、その発言も与党を批判するばかりで、あまりにもイメージが良くありません。

また、政権が変わる直前に行われた、ジョン・キー氏とヘレン・クラーク女史が対決したあのリヴェートの中で、あのときのジョン・キー氏は相手を批判するのをことごとく避けていたのに対し、ヘレン・クラーク女史はずっとジョン・キー氏を批判していました。あなたよりビル・イングリッシュ氏のほうが首相にふさわしい、と。いま、フィル・ゴフ氏がとっている手法はこれとよく似ており、まず相手を批判することから始まっています(彼の発言を見ていてもそこに楽しさは感じられません)。なので、彼らの戦略を変えない限り、なかなか政権を奪取するまでには至らないように思います。

ネタ元: http://tvnz.co.nz/politics-news/labour-support-plummets-in-latest-poll-4308126

0 件のコメント:

コメントを投稿