2011年7月25日

ニュージーの予防接種における議論

少々難しい問題のためちょっとだけ考えましたが、(その事情を知らない)誰かがその次の当事者になる可能性があるため、あえてアップしました。記事がかなり大きいので、気になったところを簡単に(時間が足りなかったのでちょっと雑です。すみません)。

(ちなみに原文の標題は、予防接種をすべきかどうか、です) 


The family of a severely disabled young woman are calling on parents to be better informed before getting their children vaccinated.

深刻な障害をもった若い女性の家族は、自分たちの子供に予防接種を受けさせようと考えている保護者へ、予防接種を受けさせる前に(その予防接種により健康被害がある可能性を)知らせるべきだと呼びかけている。

It's a choice every new parent is faced with, but parents Sharree and Gary Collins say New Zealanders need to be better informed about the potentially life changing decision.

それはすべての新しい患者が直面する選択だが、保護者のシャーリーとギャリー・コリンズは、その選択によって人生が変わってしまう可能性があることを、ニュージーランドは人々へ知らせておく必要があると述べている。

At 20-years-old, their daughter Brittany is wheelchair-bound and brain damaged.

20歳になる彼らの娘 、ブリッタニーさんは車椅子に束縛され、脳に損傷を受けている。

"She's severely disabled...she's 24/7 and needs all her needs met, " mother Sharree told TV ONE's Sunday.

彼女は深刻な身体障害を持っている… 彼女は24時間いつであっても介護が必要です、彼女の母親、シャーリーはTVONEのサンデーへ話した。

"She can't stand, or sit, or hold anything, or do anything like that. So we meet her needs."

彼女は立つことも座ることもできず、何も掴むことができない、または、そのような動作ができなくなった。そのため、私たちは彼女の(必要とする)介護をしている。

Sharree says her baby girl was a healthy infant, until suffering an adverse reaction to the whooping cough vaccine.

シャーリーは、彼女(ブリッタニーさん)が百日咳の予防接種を受けその副作用に苦しむまでは、彼女はとても健康な乳児だった、と述べた。

"We would never counsel anyone not to vaccinate, but we would like people to have the information so that they can make an informed choice basically," father Gary Collins says.

私たちは予防接種をするべきではないと誰からも忠告を受けられなかったが、私たちは人々へ情報を提供したい、それにより人々がその選択に必要な情報を得ることができる、父親のギャリー・コリンズは述べた。

Sharree says the public are still being told that you don't get severe reactions from vaccines.

シャーリーは、公共の人々はいまだに予防接種を受けても深刻な症状が発生することはないと言い聞かされている、と述べた。

"[You get told about] the swollen site, and the redness, and the child will be irritable for, you know a little while and cry. But I don't think they're being told you can get reactions that are as adverse as Brittany's."

誇張したサイトにより、そしてその子供にとって過敏な反応であるための赤みであると話されていたとしても、あなたは少しの間だと理解し涙するだけで済む。しかし私は、彼らが、予防接種を受けることにより、ブリッタニーのように拒絶反応が出るなどど教えられているとは思わない。

A quarter of a million children have been vaccinated in the past year in New Zealand.

ニュージーランド国内で、去年1年間で25万人(4分の1ミリオン)の子供たちが予防接種を受けている。

By the end of this year it's hoped 95% of all children will have been jabbed, and therefore be safe from polio, smallpox, measles , mumps and rubella and the like.

今年の年末までには95%の子供たちが予防接種を受けることになる、これにより、ポリオ、天然痘(または疱瘡)、はしか、おたふく風邪(またはムンプス)、風疹(または三日ばしか)などの感染症から守られることになる。

But Garry and Sharree feel that cases like Brittany's have often been publicly ignored.

しかし、ギャリーとシャーリーは、ブリッタニーのようなケースは公の場においてしばしば無視されていると感じている。

"The message is almost constantly or consistently pro-vaccination," says Garry.

そのメッセージは概ね絶え間なく、または一貫して予防接種を促進させている、ギャリーは述べた。

"I think many doctors are either misinformed or choose to ignore information that's out there."

私はたくさんの医者たちが、誤解しているか、またはそこにある(確かな)情報を無視することを選んでいると思う。

They suspect there are more children, suffering the same effects as Brittany, that the public are not told about.

彼らは、公にされることのない、ブリッタニーのような同じ症状で苦しんでいるたくさんの子供たちがたくさんいるのではないかと信じている。

(中略)

Just like Garry and Sharree, Rhonda and Joe Renata don't want to ban vaccines, but have a similar story to tell.

ちょうどギャリーとシャーリーのような、ロンダとジョー・レネタは予防接種を禁止にしたくはないが、彼らも同じようなストーリーを持っている。

They lost their 18-year-old daughter Jasmine almost two years ago after what they suspect was a reaction to cervical cancer vaccine Gardasil.

彼らは18歳のジャスミンを(彼らがその原因だと考えている)子宮頸癌のワクチンの抗原抗体反応により2年前に亡くしている。

Mum Rhonda says her daughter was healthy, didn't smoke, didn't drink and didn't do drugs.

母親のロンダさんは、彼女の娘は、タバコは吸わず、お酒も飲まず、そして薬もやったことがなく、健康だった、と述べた。

But after her first Gardasil injection she complained of tingling and pain in her hands, stomach pains as well as body aches.

しかし、彼女が最初の子宮頸癌のワクチンを受けたとき、彼女は両手にチクチク感と痛み、体の痛みと同様に胃痛があることを訴えていた。

A year later, and six months after her third injection, Rhonda had her last conversation with her daughter.

1年後、そして3回目の注射をした6ヵ月後、ロンダは彼女の娘と最後の会話をした。

She believes Gardasil was to blame.

彼女は子宮頸癌のワクチンが彼女を死に至らしめたと信じている。

"Because that was the only thing she had added to her body, and I was probably the only person that would have known that at the time, you know. No one else would have thought that."

なぜなら、それが彼女の体に追加された唯一のもので、おそらくそのとき、(あなたもわかると思うけど)私だけがそれに気づいた人物だったかもしれない。誰もそれについて考えた人はいなかった。

The Renatas are calling on doctors to watch for warning signs.

ロンダさんはドクターへ警告のサインのために監視するよう呼びかけている。


ACC claims in the hundreds

数百にも上るACCクレーム

Hillary Butler has researched vaccines for 30 years and claims there is a side to vaccinations the public need to know about.

ヒラリーバトラーは30年間もワクチンを研究しており、人々が知っていなければならない予防接種の側面があるとクレームしている。

"I know of nine cases of children with serious side effects on ACC and they will be on ACC for the rest of their lives," she says.

私は、ACCで治療された子供たちがそのあとの深刻な副作用により、(その子供たちの)残りの人生がACCによって支えられているケースを9件知っている、彼女は述べた。

"Some of them are in wheelchairs, some of them are in special care. Some of them have brain disorders, they still go to school, but require special teachers. Some of them have immune disorders which require constant medical intervention."

ある人々は車椅子で、ある人々は特別治療にいる。ある人々は脳障害を持ち、彼らは学校に行っているが、彼らは特別な教師を必要としている。ある人々は免疫障害を持ち、彼らは継続的な医療介入を必要としている。

Butler says parents are not being given what they need to make a fully informed choice.

バトラーは、保護者は十分な説明を受けよく考えた上での選択をするために必要とする機会を与えられていない。

(中略)

Sunday found that between June 2005 and June 2011 ACC approved 449 claims for vaccine damage, including four cases of Guillain Barre syndrome, a devastating illness that causes paralysis and 17 cases of anaphylactic shock, a potentially fatal allergic reaction.

サンデーは2005年6月から2011年6月までに、4件のギランバレー症候群、麻痺を引き起こす闘病生活、17件のアナフィラキシーショック、潜在的に致命的なアレルギー反応を含む、予防接種によって起きた事故(または損傷)において、ACCが認証したクレームが449件もあったことを見つけた。

However Doctor Nikki Turner, adviser to the Parliamentary Health Committee inquiry into immunisation, says immunisations have had a major impact.

しかしながら、議会の保健委員会の予防接種(における諮問)アドヴァイザーを務めるドクターニッキー・ターナーは、予防接種は重要なインパクトがあると述べた。

"Vaccination programmes have made a huge difference in infant mortality. And you can see that very clearly in countries where they have low immunisation coverage, or in communities that choose not to vaccinate, you see much higher mortality rates," she says.

予防接種プログラムは死亡率において大きな差を作っている。そして、予防接種率が低い国において明らかで、または予防接種をしないと選択した場合において、そこに高い死亡率があることを見ることができる、彼女は述べた。

Turner says the ACC payments don't necessarily mean there's scientific proof that vaccines are to blame.

ターナーは、ACC(の多い)支払いが科学的な証拠として予防接種が非難される意味になるわけではない、と述べた。

"What it means is there might be a possibility of a link and it is unknown," she says.

その意味は、そこに何かの関わりがある可能性があり、それは何か知られていない、彼女は述べた。

"We have a lot of things in New Zealand that are unknown and if you vaccinate every child in the population, things will happen and we don't always know the reason."

私たちはニュージーランドで起きているたくさんの知られていないことに直面しており、もしたくさんのすべての子供たちに予防接種をするなら、そのような事例は起きる可能性があり、私たちはそれに対しいつも答えを持っているとは限らない。

Turner also says the case for death by vaccine is unproven.

ターナーは予防接種によって死亡したケースは証明されていない、と述べた。

"In New Zealand we have no recorded deaths from vaccination."

ニュージーランドにおいて、私たちは予防接種からの死亡記録を持っていない。

However the centre for adverse reactions monitoring at Otago University recorded more than 5000 vaccine reactions in the past five years. It also monitors suspected vaccine fatalities.

しかしながら、オタゴ大学の拒絶反応を監視しているセンターは、予防接種により過去5年間に5,000件以上の反応があったことを記録している。それは、予防接種による致死と考えられるケースも監視している。

"My understanding from the data is none of them have been shown to be caused by the vaccine."

私のデータからの理解では、予防接種による原因で誰も死んではいない(そのほとんどは別の要因だといっている)。


Case for vaccination

予防接種のためのケース

If there was ever a case for vaccination, it's Charlotte Cleverly Bisman. At just six months old, she lost all her limbs to meningitis. At the time, there was no vaccine available.

もし予防接種のためのケースがあるなら、それはシャロット・クレヴァリー・ビスマンだ。彼女は6歳のときに、髄膜炎によりすべての手足を失くした。そのとき、予防接種はなかった。

Her parents Pam and Perry are strong advocates for the vaccination against the disease.

彼女の保護者、パムとペリーは疾病に対する予防接種を力説している。


本来ならすべて訳したほうが各々の考え方を照らし合わせることができるので、もっと内容の濃いものになったと思いますが、ちょっと時間がとれなかったため、その辺は差し引いて頂ければと思います。もし興味のある方は原文を確認されることをお勧めします(バランスがとれている秀逸な記事だと思います)。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/vaccinate-not-4321635

0 件のコメント:

コメントを投稿