2011年7月29日

食物繊維を食べると減少する乳がん

食物繊維を多く食べることにより乳がんのリスクが低減されるのではないかという調査結果があるようです。

A fresh look at the medical evidence shows women who eat more fibre are less likely to get breast cancer.

医学的証拠で見られる新しい発見は、繊維質をたくさん食べる女性は乳がんにかかりにくいことを示している。

Chinese researchers found those who ate the most of the healthy plant components were 11 percent less likely to develop breast cancer than women who ate the least.

中国の調査員たちは、健康な植物成分を食べる人々はそうでない人々に比べ11%も乳がんにかかるリスクが低いことを発見した。

Their findings don't prove fibre itself lowers cancer risk, however, because women who consume a lot of it might be healthier overall than those who don't.

彼らの発見は繊維自身がガンのリスクを下げているのかどうか突き止めていないが、繊維質を多く食べる女性はそうでない人よりも総合的に健康であるかもしれないことを見つけている。

The results "can identify associations but cannot tell us what will happen if people change their behavior," said John Pierce, a cancer research at the University of California, San Diego, who was not involved in the work.

その結果は関連があることは特定できるが、(それにより)人々が食生活を変えると何が起こるのか述べていない、その調査に関わっていない、サンディエゴ、カリフォルニア大学のガン研究員ジョン・ピアースは述べた。

While earlier research has yielded mixed conclusions on the link between cancer and fibre, it would make scientific sense: According to the Chinese researchers, people who eat high-fibre diets have lower levels of estrogen, which is a risk factor for breast tumours.

早期の研究は繊維とガンとの間にある関連性において入り混じった結論を得ていた、それは科学的に辻褄が合っている: 中国の研究者たちによると、食物繊維の高い食べ物を食べる人々は、乳房の腫瘍のリスク要因のひとつであるエストロゲンが低い水準になっていた。

So to get more clarity, the researchers combined 10 earlier studies that looked at women's diets and followed them over seven to 18 years to see who developed cancer.

それをもっと明らかにするため、研究者たちは女性のダイエットに着目した10の早期の研究を組み合わせ、彼女たちがガンにかかるかどうか7年から18年まで調査を続けた。

Of more than 710,000 women, 2.4 percent ended up with breast cancer. And those in the top fifth of fibre intake were 11 percent less likely to do so than women in the bottom fifth.

71万人以上の女性のうち、2.4%が乳がんに罹っていた。そして、それらのうち(ガンに罹った)上位5番目の繊維質の摂取量は下位5番目よりも11%も少なかった。

That was after accounting for differences in risk factors like alcohol drinking, weight, hormone replacement therapy and family members with the disease.

それは、飲酒、体重、ホルモン入れ替え療法、そして家族のガン疾患率など、それぞれの差を考察したあとに得られた結果だった。

Still, it's impossible to rule out that big fibre eaters had healthier habits overall that would cut their risk, Jia-Yi Dong of Soochow University in Suzhou and his colleagues write in the American Journal of Clinical Nutrition.

さらに、それは繊維質をたくさん食べる人がすべてにおいて健康的で彼らのガンのリスクが下げられるかどうか特定できているわけではない、アメリカのクリニカルニュートリションジャーナル誌の中で、スゾーにあるソチョウ大学のJia-Yi Dongと彼の同僚が書いている。

And the potential effect was "very small," Dr Eleni Linos of Stanford University, who wasn't involved in the research, told Reuters Health in an email.

そして可能性のある効果はとても小さかった、その調査に加わらなかったスタンフォード大学のドクターエレニ・リノスはメールでロイターに述べた。

About one in eight American women get breast cancer at some point, with less than a quarter of them dying from it.

およそ8人に1人のアメリカ女性はいずれ乳がんになっており、うち4分の1がその乳がんが原因で死亡している。

Although the connection between breast cancer risk and fibre is a small one, fibre is "something that we know is healthy for you anyway," said Christina Clarke, a research scientist at the Cancer Prevention Institute of California in Fremont.

乳がんのリスクと繊維との間の関連は小さなものだが、繊維はそれが何かあなたの健康に良いものだと私たちは知っている、フェアモントにあるキャンサープリヴェンションリサーチインスティテュートオブカリフォルニアの調査科学者クリスティーナ・クラークは述べた。

Known benefits of a high-fibre diet include lower cholesterol and weight loss. If it turns out to cut cancer risk as well, that would be an extra bonus, Clarke said.

高繊維質ダイエットの知られた利点は低いコレステロールと体重を減らすことを含んでいる。もしそれがガンのリスクも低減させることが明らかになるなら、それはそれ以上に好ましいものた、クラークは述べた。

Fruits, vegetables, beans, and whole grains are all high in fibre.

果物、野菜、豆、そして全粒などが多く繊維質を含んでいる。

According to the US Department of Agriculture's 2010 Dietary Guidelines, most Americans don't get enough fibre. The guidelines recommend that women eat 25 grams of fibre per day and men eat 38 grams, while the average Americans gets just 15 grams a day.

USデパートメントオブアグリカルチャー2010ダイエタリーガイドラインによると、ほとんどのアメリカ人は十分な繊維質をとっていない。アメリカ人の平均は一日あたり15グラムほどしか繊維を食べていないが、そのガイドラインは一日あたり女性へ25グラムを、男性には38グラムの繊維を接種することを推奨している。

"Increasing dietary fibre intake in the general public is of great public health significance," the Chinese team concludes.

一般公共において食物繊維の摂取が増加することは、公共の健康にとっても重要なことだ、中国のチームは結論付けている。


おそらくこの研究結果だけでは繊維そのものが直接の原因になっているかどうかを特定することはできていないようで、食物繊維を多くとる女性はそうでない女性よりも健康で、それがゆえに乳がんになる確率が低くなると考えたほうがよさそうです。ポテトチップスやクッキーを食べるよりも、野菜や果物、焼き芋などを間食にしたほうが健康でいられるかもしれません。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/life-style/wellbeing/5358667/Fibre-helps-keep-breast-cancer-at-bay

0 件のコメント:

コメントを投稿