2011年7月7日

ポリスの前でガス欠する飲酒運転者

飲酒運転をしていた女性が朝9時30分に逮捕されました。

Police said the woman was arrested after her car shuddered to a halt in front of a police dog handler after running out of petrol in Wairere Drive about 9.30am.

警察は、朝9時半頃に女性が運転する車両がワイレレドライヴを走行していたところ、ガス欠により車両が振動し、警察犬ハンドラーの正面で止まったあと、その女性は逮捕された、と述べた。

Senior Sergeant Jef Penno said that after smelling alcohol fumes which appeared to be coming from the driver, the officer called for assistance.

巡査部長ジェフ・ペンノ氏は、運転手から発されたアルコールガスの匂いがしたあと、オフィサーは支援のために連絡した。

An initial breath test was negative, but a subsequent evidential breath test returned a reading of 1460mcg per litre of breath. The legal adult limit is 400mcg.

最初の酒気帯び検査では反応がなかったが、後の証拠となる酒気帯び検査では、吐いた息1リットルあたりに1460mcgものアルコールが検出された。成人の(酒気帯びの)法的上限は400mcg。

"This is very concerning, particularly given the time of day when traffic flows are heavy with many parents transporting kids to school or child care," Mr Penno said.

これはとても心配されることで、特に、親が子供たちを学校やチャイルドケアなどに連れて行ってる交通量が多い時間帯において問題だ、ペンノ氏は述べた。

He said it was the third time in two years the woman returned a result of more than 1100mcg per litre of breath, and she was charged with driving with excess breath alcohol.

彼は、過去2年間で女性が呼吸1リットルあたり1100mcgを超えるアルコールが検出された3例目で、彼女は酒気帯び運転の容疑で訴追された、と述べた。


今まで捕まらなかっただけの常習犯のような気もします。少し前に、酒気帯び運転車両と共に一般車両が巻き込まれた死亡事故が起きているので、飲んだら(法的上限があるにしても)運転は避けたほうが賢明だと思います。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10736951

0 件のコメント:

コメントを投稿