2011年7月28日

明日から水漏れ住宅の支払いが開始

このブログでもたびたび触れていた(参照1参照2)水漏れ住宅のパッケージが明日から始まるようです。

要点をあげていくと、

The government and council will each pay 25 per cent of the cost of repairs, and the homeowner must get a loan from the bank to pay the rest. But councils who did not sign off the building work, or who have signed up to the compensation deal will not contribute, meaning property owners will have to find 75 per cent.

政府とシティカウンシルがそれぞれ修理代金の25%を負担し、残りの50%が家の所有者が負担する。もし、シティカウンシルの介入がない(認証のサインがない)場合、所有者が75%を負担しなければならないようです。

The New Zealand Bankers Association said eight banks had signed up to lend under the deal. They were ANZ, ASB, BNZ, HSBC, Kiwibank, SBS, TSB and Westpac. The banks have signed up to a loss sharing agreement with the Crown. The government will cover 15-20 per cent of the bank's shortfall if a homeowner defaults.

この水漏れ住宅の修理にかかる費用を工面するため、銀行からの融資を受ける場合、ANZ, ASB, BNZ, HSBC, Kiwibank, SBS, TSB そして、Westpac、が窓口となっています。もし家の所有者が財政的に危なくなった場合、政府が銀行の不足分のうち15~20%をカバーするようです。

It estimated there were 23,500 household eligible for the deal but lobby groups and homeowners groups said this figure was underestimated. The leaking dwelling must be a private residence and it must be up to 10 years since it was built, or altered to cause leaks.

このパッケージが適用されるのは建築後10年以内の個人住宅で、23,500棟の住宅が対象となっています。


この記事をみていつも思うのは、(カウンシルがそのコンセントに認証を出していたとしても)建築業者へその責が問われていないことで、すべて家の所有者が支払わなければならないのはなんとなく不公平感があるのは否めません。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/dominion-post/news/5354312/Leaky-homes-relief-available-tomorrow

0 件のコメント:

コメントを投稿