2011年7月10日

経験を求めすぎるニュージーの女性

興味のある方はネタ元を。ちなみにNZヘラルドのオンライン調査では、65%の人々がニュージーランドの女性は性的に乱れていると回答しています。気になったところだけ簡単に。

He cited a survey by a condom maker that said New Zealand women were the most promiscuous in the world, with 20.3 sexual partners on average. The world average was 7.3.

彼はコンドームのメーカーが実施した調査を引用し、ニュージーランドの女性は世界で最も性的に乱れており、平均20.3人の性的なパートナーがいると述べた。世界の平均は7.3人だった。

Kiwi men were also above average with 16.8 partners. New Zealand was the only country where women had more sexual partners than men.

キウィの男性も平均より上で16.8人の性的なパートナーがいた。ニュージーランドは女性が男性よりも性的なパートナーを多く持つ持つ唯一の国だった。

Dr Makary, a 52-year-old Christian originally from Egypt, said he was "an eyewitness of the pain" that promiscuity causes.

ドクターマカリーはエジプトから来た52歳のクリスチャンで、彼は性的な乱れの原因となっている痛みを肉眼で見た目撃者だったと述べている。

He is one of only three gynaecologists in Timaru and sees scans of the town's pregnant women because there is no other radiology service.

彼はティマルに3つ婦人科があるうちの1つを経営しており、放射線を使ったサービスを提供しているのは彼のところだけで、(ティマルの)街の妊娠した女性のスキャンを(すべて)見ている。

"I get women coming in and saying, 'Doctor, I can't remember who I slept with yesterday.'

ある女性が私のところにやってきてこう言った、ドクター、私が昨日誰と寝たのか思い出せないわ!

"It is very, very frequent. I'm not talking about one or two or three or 1000 cases. I'm talking about thousands and thousands of cases a year [nationally]."

まったく同じことを言ってくる女性はとても多い。私は1人や2人、または3人や1,000ものケースについて述べているわけではない。私が述べているのは全国で毎年数千もの、このようなケースがあることについて述べている。

What's more, they're proud of it.

その上、彼らはそれを誇りとしている。

"Here is a culture which says if you can remember what happened yesterday you haven't had enough fun," Dr Makary said.

それは、もしあなたが昨日何が起きたのか(誰と寝たのか)思い出せるなら、そのときのあなたは十分に楽しんでいなかったことを示している、という(煽っている)文化がここにある。ドクターマカリーは述べた。

(中略)

He called on all parts of society to end the normalisation and glamorisation of promiscuity.

彼は、性的な乱れを正常化したり理想化することを終わらせるべきだと、すべての社会へ呼びかけている。


(記事にあるように)精神的に不安定になる人々がいるのは事実であり、このような人々が増えてしまうのは将来的にも問題なのは理解できる話ですが、それを社会から完全に遮断してしまうのには違和感を感じます。そこの判断は成人であれば自由であるべきのような気もします(夕刻過ぎて辺りが暗闇に閉ざされると、家に帰るか、友人宅で飲むくらいしか他にやることがないのがその原因のような気もしないではないです)。また、(メーカーが実施したという)この類の調査でバカ正直に答えているキウィがどれだけいるのか、むしろそちらのほうが気になります。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10737380

0 件のコメント:

コメントを投稿