2011年7月15日

幼児の人生は恐ろしいものだった

ニュージーランドでも家庭内暴力はなくなっていません。

母親が2歳の女の子におもちゃで遊ぶのをやめなさいと注意したところ、女の子はそれを拒否、それに逆上した母親が女の子をサッカーボールのように辺り蹴り飛ばし、そして死に追いやってしまったそうです。

36歳になる母親はオークランド高等裁判所に出廷し、8年6ヶ月の禁錮刑(最低4年3ヶ月の仮釈なし)の有罪判決を受けています。


A toddler who was bashed to death by her Northland mother had a horrible life, the detective in charge of the investigation says.

Norefjell Davis, 36, was sentenced yesterday in the High Court at Auckland to eight years and six months' jail with a minimum non-parole period of four years and three months for killing her daughter, Jacqui Petersen-Davis.

Jacqui, 2, died after being kicked around "like a soccer ball", one of numerous assaults on the girl during her short life.

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10738556

0 件のコメント:

コメントを投稿