2011年7月1日

オークランドでM2.9の地震

7月1日9:09PMに、オークランドのミッションベイを中心に深さ9kmの地点でマグニチュード2.9が計測されました。レミュエラ、ノースショア、そしてイーストオークランドで揺れが体感されたようです。この地震による被害はいまのところ報告されていません。

オークランドでは、2007年に小さな連続した地震が計測されたことがあるため、今回の地震がそれの予兆ではないかという指摘もあるようです。

オークランド地域で最も大きい地震は、1891年6月24日にワイカト河口でマグニチュード6.0が記録されています。

Aucklanders were shaken by a magnitude-2.9 earthquake at 9.09pm tonight. The earthquake was centred just off Mission Bay at a depth of 9km, and felt across Remuera, the North Shore and east Auckland. There were no reports of damage.

In 2007, the region experienced a series of small quakes, and Bland said there was a possibility this could be the start of a similar pattern.

The largest earthquake known to have affected the Auckland region was a magnitude-6.0 jolt centred near the mouth of the Waikato River on June 24, 1891.

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/5222241/Auckland-jolted-by-earthquake

0 件のコメント:

コメントを投稿