2011年7月22日

クライストチャーチでM5.1の余震

今日22日早朝5時39分に、クライストチャーチから西へ40km(ダンサンデル近く)、深さ12kmの地点でマグニチュード5.1が計測されました。市内のレッドゾーンで実施されている解体作業が一時中断しましたが、のちに再開されています。現在のところ、棚から物が落下するなどの被害は報告されているようですが、建物が倒壊するなどの大きな被害は報告されていません。

Christchurch's central city red zone has re-opened following a 5.1-magnitude earthquake this morning. The quake struck at 5.39am, 40km west of Christchurch near Dunsandel at a depth of 12km. The tremor had triggered the closure of the red zone to contractors and others who normally had access so engineers could carry out inspections on buildings. A Canterbury Earthquake Recovery Authority (CERA) spokeswoman said eight indicator buildings were checked for further damage.

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/the-press/news/christchurch-earthquake-2011/5324393/5-1-earthquake-shakes-Christchurch

0 件のコメント:

コメントを投稿