2011年7月30日

労災請求するSEX中に怪我した女性

それはビジネス旅行中の出来事だったので彼女が治療費を請求するべく労災へその事実を申請したところ、裁判沙汰となっているようです。まだ結審していないので、おおまかなところだけ簡単に。

An Australian government employee injured while having sex during a work trip has taken her fight for worker's compensation to the Federal Court after having an initial claim turned down.

仕事の旅行中にセックスをしていたら怪我をしてしまったオーストラリア政府で働く職員が、その治療費を請求するため労災を申請したところ却下され連邦裁判で戦うことになっている。

The woman, whose name has been suppressed, suffered injuries to her nose and mouth when a wall-mounted light fitting in the motel room she was staying in fell on her head during sex. She told a Federal Court hearing in Sydney yesterday that she also sustained a psychiatric injury because of the November 2007 incident.

匿名が認められた女性は、彼女が泊まっていたホテルの部屋でセックスをしていたところ、壁に掛けられていた照明器具が彼女の顔に落下し鼻と口を怪我してしまった。彼女は、昨日のシドニーで行われた連邦裁判のヒアリングで、2007年11月の出来事によって持続的に精神的にも被害を受けていると述べた。

She claims she was engaged in "normal behaviour" with a male acquaintance and should be entitled to worker's compensation - the compulsory scheme which covers workplace accidents.

彼女は知人の男性とごく普通のふるまいをしていたと主張し、そのときの怪我を埋め合わせるために労災が適用されるべきだと述べた - 労働者災害保障保険は、仕事中に起きた事故の補償をカバーしている。

Her claim is based on her assertion she suffered the injuries "during the course of her employment", because she was required to travel to the country town and to stay overnight to attend a budget review meeting early the next day.

彼女のクレームは、彼女の仕事中(または仕事の移動中)に起きた事故であることを元に主張している、なぜなら、次の日の朝早く予算の見直しの会議に出席するために宿泊を必要とする仕事のための移動中だったことによるもの。

The woman's barrister, Leo Grey, told the court having sex in such a situation was an "ordinary incident of life" and she was therefore entitled to compensation under workers' compensation laws.

彼女の弁護士、レオ・グレイは、そのような状況の中でセックスをすることは生活の出来事のひとつであり、よって彼女は労働災害補償法の下で治療費等を請求することができる、と述べた。

The woman is appealing a decision by federal government safety body Comcare, and upheld by the Administrative Appeals Tribunal, that sex during an overnight stay was not an "ordinary activity".

彼女は、行政控訴裁判所によって支持され連邦政府のコムケアによって決定された、宿泊の最中にセックスをすることは普通の活動ではないことに訴えかけている。

But Mr Grey said the fact that his client was having sex had little to do with the case, according to a report in the Sydney Morning Herald newspaper.

シドニーモーニングヘラルド紙によると、グレイ氏は、(しかし)彼のクライアントがセックスをしていたことは、その件についてまったく関連がないわけではない、と述べた。

"This case is as much about slipping in the shower, or being beaten by a gang of thugs or being shot by a jealous rival," he said.

このケースは、シャワーを浴びていたときに滑って転んだとき、またはギャングの殺し屋に脅されているか、または嫉妬深いライヴァルに撃たれそうになっているといった、そんな状況と変わりがない。

He said that for the woman's employer to avoid paying compensation, it needed to have informed her that having sex while on a work trip was not appropriate behaviour, either by telling her explicitly or through a list of rules such as a code of conduct.

女性の雇用者はその埋め合わせを支払わないようにしようとしているが、もしそのような主張をするのであれば、仕事の旅行中にセックスをしないように彼女へはっきりと口頭で伝えられているか、職務倫理規定のリストの中でそうしないように明記されているなど、事前に知らされている必要がある、と彼は述べた。

"Having sex is just one of those things (like eating or bathing)," he said.

セックスをすることは、食べたり、または、お風呂に入ったりするような、生活のひとつである、彼は述べた。

"It's not the 1920s, after all."

結局、それは(時代背景が違う)1920年代に起きた事故ではない。

However the counsel for Comcare, Andrew Berger, argued there was not a sufficient connection between the incident and what the woman was being employed to do.

しかしながら、コムケアのアンドリュー・バーガーは、それは雇用されている女性がすることと、その出来事の間に十分な関連性がないと主張している。

"There's nothing about this that could have led the employer to reasonably conclude that this injury might occur," Mr Berger said.

その怪我は起きる可能性があるかもしれないが、それは雇用者が責任を持つべき何ものにも関連がない、バーガー氏は述べた。

"What if she was to hold a swingers' party? Is that something that could have been contemplated by the employer?"

もし彼女が(そのとき)性交パーティに参加していたらどう考えればいいのか? それは雇用者が計画している何かなのか?

Federal Court Justice John Nicholas is expected to deliver his ruling next month.

連邦裁判所ジャスティス、ジョン・ニコラスは来月には彼の判決を提出できるものと予期している。


詳細が不明なのでなんともいえませんが、彼女がなぜホテルを訴えなかったのか、その辺が気になります。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/world/news/article.cfm?c_id=2&objectid=10741643

0 件のコメント:

コメントを投稿