2011年8月27日

24本の指をもつキューバ人

内容がミニヘッドラインに収まらなかったので、こちらにアップしました。どことなく、ほのぼのとした雰囲気が伝わってきます。


They call him ''Twenty-Four.''

彼は24(トゥエンティフォー)と呼ばれている。

Yoandri Hernandez Garrido's nickname comes from the six perfectly formed fingers on each of his hands and the six impeccable toes on each foot.

Yoandri Hernandez Garrido'sさんのニックネームは彼の完全な6本の指が両手、両足にそれぞれ(申し分なく)形成されていることにより、そう呼ばれている。

Hernandez is proud of his extra digits and calls them a blessing, saying they set him apart and enable him to make a living by scrambling up palm trees to cut coconuts and posing for photographs in this eastern Cuban city popular with tourists. One traveler paid $US10 ($NZ11.90) for a picture with him, Hernandez said, a bonanza in a country with an average salary of just $US20 a month.

Hernandezさんは彼の追加の指を誇りに、そしてそれを神の恵みだと呼び、キューバの東にある街で、椰子の木に登ったり、ココナッツを切ったりしてポーズを取り、観光客と一緒に写真を写すことで生計を立てている、と述べている。ある旅行者は彼と写真を撮ることで$US10 ($NZ11.90) を払ったとHernandezさんは述べ、この国で幸運な彼は月平均$US20を稼いでいる。

''It's thanks to my 24 digits that I'm able to make a living, because I have no fixed job,'' Hernandez said.

私は私の生活を支えている自分の24本の指に感謝している、なぜなら私は定職を持っていないから、Hernandezさんは述べた。

Known as polydactyly, Hernandez's condition is relatively common, but it's rare for the extra digits to be so perfect. Anyone who glanced quickly at his hands would be hard-pressed to notice anything different unless they paused and started counting.

多指症として知られている、Hernandezさんの症状は比較的普通だが、追加の指がこれほどまで完璧なのはまれである。彼の手をちらっと見た人は、いったん立ち止まり指の数を数えない限り、何かに気づくことは難しいのかもしれない。

Hernandez said that as a boy he was visited by a prominent Cuban orthopedist who is also one of Fidel Castro's doctors, and he declared that in all his years of travel he had never seen such a case of well-formed polydactyly.

Hernandezさんは、彼が少年のときにフェデル・カストロの医者だった著名なキューバの整形外科医が尋ねてきて、彼曰く、そのようにうまく形成されている多指症を彼のいままでの旅の中で決してみたことがない、と宣告していた。

''He was very impressed when he saw my fingers,'' said Hernandez, who is the only one in his family to be born with extra digits.

彼が私の指を見たときかなり印象付けられていた、身内の中でたったひとりだけ追加の指を持つHernandezさんは述べた。

(中略)

''Since I was young, I understood that it was a privilege to have 24 digits. Nobody has ever discriminated against me for that,'' he said. ''On the contrary, people admire me and I am very proud. I have a million friends, I live well.''

私が幼いときから、24本の指を持つことは特別であることを理解していた。誰もそのことに対して決して差別をしたことがなかった、彼は述べた。その反対に、人々は私に感心し、私はそれをとても誇りに思っている。私はミリオンもの友人がいる、私の生き方は良いほうだと思っている。

Nevertheless, it occasionally caused confusion growing up.

それにもかかわらず、成長の中でそれは混乱を生じていた。

''One day when I was in primary school, a teacher asked me how much was five plus five?'' Hernandez recalled. ''I was very young, kind of shy, and I didn't say anything. She told me to count how many fingers I had, so I answered, ''12!''

私が小学校に行っていた頃のある日、先生は私に5足す5はいくつか尋ねてきた、Hernandezさんは思い出した。私は幼く、どちらかといえば内気だったので、何も言えなかった。彼女は私が何本の指を持っているか数えるように話したので、私は12だと答えた。

''The teacher was a little upset, but it was the truth,'' he said.

先生は少しばかり動揺したが、それは真実だった、彼は述べた。

Hernandez said he hopes he can be an example to children with polydactyly that there's nothing wrong with them.

Hernandezさんは、多指症はそれを持つ人々になんら問題がないことを、自分を通して子供たちに示す良い実例になることを望んでいる。

''I think it's what God commanded,'' he said. ''They shouldn't feel bad about anything, because I think it's one of the greatest blessings and they'll be happy in life.''

私はそれは神が命じたものだと思っている、彼は述べた。彼ら(多指症を持つ人々)は何も悪く感じるべきではない、なぜなら、私はそれはすばらしい恩恵のひとつで、彼らは人生で幸せになると思っている。


ネタ元:http://www.stuff.co.nz/world/americas/5518499/Twelve-fingers-and-Cuban-man-is-proud-of-it

0 件のコメント:

コメントを投稿