2011年8月2日

高岡氏の発言について

いきなり解雇する行為は、言論の自由という権利を侵害しているようにも見える。

なので、なぜ彼が所属していた事務所を非難するような報道がされないのか不思議でならない。


そもそも日本では、誰でも自由に発言できる。

それは法律で保障されている。

報復により解雇されるなら、誰も発言できなくなる。


つまり、

日本では不適切な発言とみなされると解雇されることに誰も違和感を感じないことが今回の騒動ではっきりした。


彼の発言にも不用意な点はある。

気に入らないなら観なければいい。


ちょっと気になるのは、彼の発言に対して”世界では、”という輩の発言はあまりに的外れで、意味を持っていない。日本の公用語は日本語であって、他の言語では決してない。


彼の発言は適切でないかもしれないが、どう考えても、間違ってはいない。

騒動で終わらせる問題ではないように思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿