2011年8月8日

ジェットエンジンに吸い込まれ死亡

考えるだけで恐ろしい話なので、読むかどうかは自己責任で。

要約すると、ニュージーランド空軍が所有するC-130ハーキュリーズのメインテナンスをしていたエンジン担当のエンジニアが、エンジンのテストの最中にジェットエンジンに吸い込まれ、そのまま他界したそうです。エンジンは機体に付けられていない状態(エンジンがベンチの上に載せられた状態)での事故なので、その凄惨さは想像に難くないように思います。

おそらく、この写真の中にそのエンジンがあると思います。


ちなみに過去に似たような事故があり、ある男性がジェットエンジンに吸い込まれた映像がこれです。彼は幸運にも怪我だけで生還したそうです。


A source said Occupational Safety and Health were on site and the C-130 Hercules engine had since been taken into the RNZAF hangar. He said Hunter had been working on a contract to maintain the C-130. The Rolls Royce T-56 engine, off a C-130 Hercules, being tested wasn't fitted to an aircraft for the test run, he said.

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/5406796/Man-killed-in-plane-engine-testing-accident

0 件のコメント:

コメントを投稿