2011年8月9日

8月11日から始まる新著作権法

この新しい法律は9月1日から施行されますが、8月11日から(違法なダウンロードをしている人々へ)警告の通知を送付することができるようです。人々の間では今回の法律によって具体的に何が起こるのか不明な点が多く、そのため、いままでと同じようにインターネットを使用していても、ある日、プロヴァイダーから通知が送られてくる可能性が否定できないようです。記事にある要点と、スリーストライクのサイトにあるFAQを簡単に検証してみたいと思います。

ちょっと雑ですが、内容は半永久保存版です。

Internet users are being told to be aware of major downloading changes due to come into effect next week.

インターネットのユーザーたちは、新しい法律が来週から施行されることにより、主要なダウンロードの改定について注意を促されている(または、気づくように話されている)。

A new piracy law targeting illegal downloads comes into effect in September but anyone sharing online material illegally could be caught out within days.

新しい著作権法は、違法なダウンロードを対象に9月から施行されるが、オンラインで違法なマテリアルを共有しているユーザーは、数日の間に法律を犯すかもしれない。

InternetNZ Chief Executive Vikram Kumar told TV ONE's Breakfast this morning that there is a real vacuum of information around the new law which was passed in April and gives more power to the Copyright Tribunal.

インターネットNZチーフエグゼクティヴ、ヴィクラム・クマーはTVONEの今朝のブレックファストで、4月に承認された新しい法律により著作権の裁判に向かうさらなる力が与えられていると述べた。

"I don't think it's only people (who are unaware of the changes), I think it's schools, universities, libraries and also the Internet Service Providers who need to get ready for this."

私はその改定に気づいている人々だけの問題だとは思っていない、私は、学校や大学、図書館やインターネットサーヴィスプロヴァイダーもまたこれに準備ができている必要があると思っている。

InternetNZ has launched the 3 strikes site explaining the Copyright (Infringing File Sharing) Amendment Bill, how it all works and what you need to know.

インターネットNZはコピーライトアメンダントビル(著作権法、ファイル共有の侵害)について、それがどのように働き、あなたが何を知る必要があるのかを説明している、スリーストライクサイトを立ち上げた。

The law comes into force on September 1, but notices can be sent for alleged infringements from August 11, InternetNZ says.

法律は9月1日に施行されるが、著作権侵害について8月11日から通知を送ることができる、インターネットNZは述べている、。

Kumar said that with just one week to go people and organisations needed to take steps to reduce risks from the new law.

クマーは、人々や組織は新しい法律からリスクを軽減するためのステップを踏むのにわずか1週間しかない、と述べた。

"The biggest issue at the moment is a lack of accurate information and in some cases, complacency."

いまのところ、正確な情報といくつかのケース、現状に満足していることなどにおいて大きな問題がある。

From September 1, downloading copyright-protected material will be punishable with fines of up to $15,000 and copyright holders will be able to approach Internet Service Providers (ISPs) if they believe an ISP's client has been illegally downloading their material.

9月1日から、著作権で保護されたマテリアルをダウンロードした場合、$15,000までの罰金による罰則規定があり、著作権の所有者は、インターネットサーヴィスプロヴァイダー(ISP)が管理する顧客が違法に彼らのマテリアルをダウンロードした場合、ISPへアプローチすることができることになる。

Those believed to be breaking the law will get three warnings from their ISP before further action is taken.

法律を破っていると見られる顧客は、さらなるアクションが取られる前に、3つの警告が彼らのISPから送られることになる。

If the warnings are ignored, the copyright holder will be able to take the alleged freeloader to a special tribunal and if they are found to have broken the law the tribunal can award costs of up to $15,000 against them.

もしその警告が無視された場合、著作権の所有者は彼らを裁判に掛けることができ、そしてもし彼らが法律を破っていると判断された場合、$15,000までの罰金が適用することができる。

Kumar admits InternetNZ doesn't like the law, but is not advocating people break it.

クマーは、インターネットNZがこの法律を好んでいないことを認めているが、人々へこの法律を破ることを擁護しているわけではない。

"It's the law and we respect that," he said.

それは法律で私たちはそれを尊重している、彼は述べた。

"InternetNZ doesn't want the website to help or encourage others to break the law. Our focus is on giving information; helping people and organisations protect themselves; and giving friendly advice."

インターネットNZはその法律を破ることを推奨したり助けたりするウェブサイトを望んでいない。私たちの焦点は情報を提供すること; 人々や組織などを保護することを助けること; そして友好なアドヴァイスを提供することだ。

However he said the new law does nothing to prompt or incentivise the rights owners to make legal downloads available for New Zealanders.

しかしながら、彼は新しい法律がニュージーランドの人々のための違法なダウンロードを作るための、権利を持つ所有者へ奨励したり、促進したりするものではない、と述べた。

"There are many Kiwis who are willing to pay for TV shows or movies online, but there is just no way for them to get it legally."

テレビや映画にお金を払うたくさんのキウィがいるが、そこには彼らが違法で得られる方法はない。

Kumar also said it was extraordinary that the law finds people guilty until proven innocent.

クマーは、それは、証明された無実でない限り、法律が人々が有罪だと見つける特別なものだ、と述べた。




で、スリーストライクのサイトのFAQがこちら


Why do you call it 3 strikes?

なぜスリーストライクと呼ばれているのですか?

You get 2 warning notices and, following the 3rd notice, the copyright owner can take you to the Copyright Tribunal. 3 notices = 3 strikes. Other countries flirting with this “graduated response” approach also refer to it as a 3 strikes law.

あなたが違法なダンロードをしていた場合、まず警告の通知が2回送付され、そして、3回目の通知で、著作権の所有者があなたを著作権の裁判にかけることが可能になることからそう呼ばれています。3回の通知=スリーストライクとなります。他の国々でもこの保障された応答によりアプローチされ、またそれはスリーストライク法として参照されています。

Why 3 and not 2 or 4 or some other number?

なぜ、2や4など他の数字ではなく、3が採用されたのですか?

No one really knows. In the US, they’ve recently gone for 6 strikes and no fines or account termination.

本当の意味など誰も知らないです。最近合衆国では、6ストライクと罰金なし、またはアカウントを閉じてしまうことを採用しているようです。

Is streaming music or a movie direct from a website covered by the new law?

ウェブサイトから直接映画や音楽をストリーミングで視聴することは新しい法律に触れますか?

No. The intention of the law changes is to crack down on peer-to-peer file sharing
(see details in InternetNZ press release).

いいえ。今回の改定の目的は、ピアートゥーピアー(P2P)というファイルシェアリングを厳重に取り締まることです(詳細はInternetNZのプレスリリースを参照)。

Can I still watch videos on YouTube?

ユーチューブのビデオはまだ観ることができますか?

Yes. The intention of the law changes is to crack down on peer-to-peer file sharing
(see details in InternetNZ press release).

はい。今回の改定は、ピアートゥーピアー(P2P)というファイルシェアリングを厳重に取り締まることを目的としています(詳細はInternetNZのプレスリリースを参照)。

What about downloading files from online file lockers?

オンラインファイルロッカー(またはオンラインストレージ)からファイルをダウンロードすることについては?

Online file lockers are ways for storing and sharing a wide variety of files online. Examples of online file lockers include MediaFire and 4shared. Downloading and uploading files from online file lockers that infringe copyright are not covered by the new law. These acts are already penalised by existing law targeting Internet Service Providers (section 92C).
(see details in InternetNZ press release)

オンラインファイルロッカーは、多様なファイルをオンライン上で保管したり共有したりするための方法です。オンライン上でオンラインファイルロッカーから、ファイルをアップロードしたりダウンロードしたりすることは、今回の新しい法律では著作権の侵害とはなっていません。これらの行為は、現行の法律ですでに罰則規定があります(セクション92C。詳細はInternetNZのプレスリリースを参照)

Won’t copyright owners only go after people who do a lot of downloading?

著作権の所有者はダウンロードを頻繁に行う人々だけに適用しないのか?

Copyright owners often buy infringement detection services from third party specialists who use a variety of detection methods. Detection is based on IP (Internet Protocol) addresses. One method is for copyright owners to buy a list of offending IP addresses and send notices to all of them using automated processes. In this case, it doesn’t matter whether the person is a one-off downloader or a high-volume downloader.

著作権の所有者はしばしば多様な検知方法を持つ第三者のスペシャリストから著作権侵害を検知するサービスを購入します。検知はIPアドレスを元に行われます。ひとつの方法として、著作権の所有者は著作権を侵害している人々のIPアドレスのリストを購入し、それらすべての人々へ自動的な手順により通知を送ることができます。この場合において、一度でもダウンロードをしていても、たくさんダウンロードをしていても、そのダウンロードの量に関係なく、すべての人々へ通知が送られます。

On the other hand, some copyright owners overseas are known to specifically target IP addresses that occur frequently in detection lists or are big file sharers. So they do have the ability to target action against specific IP addresses if they choose to.

一方では、いくつかの海外の著作権の所有者は特に対象とする、検知リストにある、または大きなファイルを共有しているIPアドレスを知らされています。そのため、彼らがそのひとつひとつのIPアドレスを選び、それらを対象に行動することができます。

Illegally downloading a movie or TV show one-off is less risky compared to downloading lots of files based on probability of detection. But even downloading a single infringing file can lead to your getting a notice.

違法な映画やテレビショーなどをダウンロードすることは、たくさんのファイルをダウンロードすることよりも、その検知の可能性において、リスクは若干低くなります。しかし、ひとつの違法なファイルをダウンロードしただけでも、それによりあなたへ通知が送られることになります。

As an account holder, am I really liable even if I’ve never downloaded a file?

アカウント所持者として、該当するファイルを一度としてダウンロードしたことがなくても、刑罰の対象になりますか?

Yes. The first that you’ll probably know about it is when you get a notice from your Internet Service Provider. This applies in all cases, for example parents in relation to their children; businesses for their employees; libraries for their users; and universities/schools for students.

はい。最初は、おそらくあなたはインターネットプロヴァイダーから通知が来たときにそれに気づくことになります。これはすべてのケースに当てはまり、例えば、子供を持つ保護者; 雇用者のためのビジネス; ユーザーのための図書館等; そして学生のための大学や学校、に適用されます。

If I provide an Internet connection for a tenant’s use or a short-term lease (say a holiday home), am I still liable?

もし私が家主で借主がインターネットを使ったり、短い間にリースとして使用した場合(休日用の家など)、私は刑罰の対象になりますか?

Yes. You are the account holder and will therefore be liable for the actions of your tenant or lessee. Similarly, you’ll be liable for the actions of guests using your home Internet account.

はい。あなたがインターネットのアカウントを持っていること、あなたの借主やリース元の行動に責任を持つことになります。似たようなところで、もしあなたのゲストがあなたのインターネットを使用した場合、あなたが責任を負うことになります。

Is this the death of free wifi?

これは無料ワイファイの終わりですか?

Maybe, maybe not. It’s still too early to tell.

たぶん、でもそうならないかもしれない。それについて述べるには早すぎます。

Providers of free wifi ancillary to their main business, for example free Internet from a retail coffee chain or a library or airport lounges, are defined as “account holders” by the new law. This makes them liable for any copyright infringement using online file sharing by their users. The same applies to people who have an open wifi and are happy for the community to use their Internet connection.

(無料ワイファイの)プロヴァイダーにとって無料ワイファイは彼らの主要なビジネスの付属的なもので、例えば、コーヒーショップや空港ラウンジなどで無料のインターネットが用意されており、これらは新しい法律によってインターネットのアカウントの所有者が規定されています。これは、彼らのユーザーがオンラインファイルの共有などいかなる著作権の侵害において、彼らに責任を問うことになります。同じことが、オープンワイファイを利用する人々や地域にあるインターネット接続にも適用されます。

The law changes are likely to be an unacceptable situation for many and they may decide to stop providing free Internet access altogether. Others may decide that putting in some measures, such as banning peer-to-peer file sharing, is sufficient to manage the risks and continue to provide free wifi.

法の改定はたくさんの人々へ受け入れられない状況をもたらし、そしてそれにより、彼らが無料のインターネットアクセスの提供をやめてしまうかもしれません。他の無料ワイファイを提供する事業者の場合では、ピアートゥーピアーのファイル共有を制限したりするなどいくつかの対策を講じることにより、無料のワイファイのリスクを効果的に管理し継続されるかもしれません。

On the other hand, due to specific circumstances, some free wifi providers may get legal advice they are not liable under the new law and continue. We know of one City Council in this position and they are continuing to provide free Internet access (for the time being anyway).

一方では、特別な状況において、いくつかの無料ワイファイプロヴァイダーは新しい法律の元で彼らの責任が問われない法的なアドヴァイスを得たうえで継続されるかもしれません。私たちは、あるひとつのシティカウンシルがこの立場にあり、彼らは無料のインターネットアクセスを提供し続けるだろうことを知っています。

What can I do to not get caught downloading a file?

ファイルをダウンロードすることによって捕まらないようにするには何をすればいいですか?

File downloading and file sharing aren’t illegal in themselves but copyright infringement is, howsoever done. It’s important for you to know what the new law covers and what it doesn’t- look at the basics of the new law. Use legal sources if available. At the very least, minimise your risks by protecting yourself.

ファイルのダウンロードとファイル共有は彼ら自身違法ではありませんが、著作権の侵害がどんな方法であれ適用されます。それは新しい法律を知る上であなたにとって重要で、それは適用されない - 新しい法律の基本を眺める必要があります。もし可能なら、法律に関する情報を参照して下さい。最も適切であると考えられるのは、あなた自身で保護しリスクを最小限にすることです。

If you’re asking how you can continue to break the law, then that’s a topic off-limits for this website.

もしあなたが法律をどのようにすれば継続して法律を破ることができるのか聞いている場合、それは、このウェブサイトで扱うことができないトピックとなりますので、答えることはできません。

Does the law take a guilty until proven innocent approach? Isn’t that against the principles of natural justice?

この法律は無実を証明されるまで有罪にされますか? それは自然的正義の原則に反しませんか?

Yes. Allegations of copyright infringement made against you are presumed to be correct unless you give evidence or reasons why it shouldn’t be. However, if you do provide evidence or reasons, then the copyright owner needs to prove that their accusations are correct.

はい。著作権侵害の申し立ては、あなたに証拠または(違反者として)しかるべき理由がない限り、あなたは正しいものとして訴追されます。しかしながら、もしあなたが証拠や理由を用意できる場合、著作権の所有者は彼らの告発が正しいことを証明する必要があります。

Perhaps one day someone may challenge this on the grounds of violating the Bill of Rights.

おそらくある日誰かが、基本的人権の違反の根本的なところにおいて、これに挑戦するかもしれません。

Will my Internet Service Provider monitor what I’m doing online?

インターネットサーヴィスプロヴァイダーが私がオンラインで何をやっているのか監視するのですか?

The new law doesn’t require the Internet Service Provider to do so. It’s up to the copyright owners to detect infringements and notify your Internet Service Provider.

新しい法律はインターネットサーヴィスプロヴァイダーにそれをさせることを要求していません。それは、著作権の所有者次第で、彼らが侵害を検知しあなたのインターネットサーヴィスプロヴァイダーへ知らせることになります。

However, there may be some Internet Service Providers who choose to either monitor or restrict what their customers can do with their Internet connection. For example, some Internet Service Providers may try to block all peer-to-peer traffic, irrespective of whether it’s being used for infringing copyright or not.

しかしながら、インターネットサーヴィスプロヴァイダーが彼らの顧客のインターネット接続に対し、監視したり制限したりすることを選択する可能性はあります。 例えば、インターネットサーヴィスプロヴァイダーは、それが著作権侵害に触れているかどうかに関わらず、すべてのピアートゥーピアー(P2P)の接続をブロックしたりすることを試すかもしれません。

How will I get a notice?

どのように通知を受け取ることになりますか?

Your Internet Service Provider will send you a notice in the same way as they send you a bill (unless you have agreed to get it in some different way).

あなたのインターネットサーヴィスプロヴァイダーはあなたに請求書を送るのと同じ方法で通知を送ります(あなたが他の違った方法に同意していない限り、同じ方法により送付されます)。

Do copyright owners get my name and address from my Internet Service Provider?

著作権の所有者が私のインターネットサーヴィスプロヴァイダーから、私の名前や住所を得ることができますか?

No. Even if you challenge a notice from your Internet Service Provider, they will remove your personal information before passing it on the copyright owner. Your Internet Service Provider has to provide your (i.e. the account holder’s) name and contact details to the Copyright Tribunal when directed by the Tribunal.

いいえ。たとえもしあなたがインターネットサーヴィスプロヴァイダーからの通知に挑戦しても、彼らは、著作権の所有者にその情報を渡す前に、あなたの個人情報は外されます。裁判が開かれる場合、あなたのインターネットサーヴィスプロヴァイダーがあなたの名前(アカウントホルダーの名前など)と連絡先を著作権の裁判に提供されることになります。

Do I have to pay anything?

何か支払わなければならないのですか?

The copyright owner making an allegation of your infringing their copyright under the new law pays your Internet Service Provider $25 per notice sent to you. They pay $200 to apply to the Copyright Tribunal for penalising you.

著作権の所有者は新しい法律の元にあなたのインターネットプロヴァイダーから1通あたり$25の通知をあなたに送ります。彼らは$200を支払い、あなたを罰するために著作権の裁判を適用することになります。

Only the Copyright Tribunal can order you to pay a penalty to the copyright owner. Overseas, copyright owners often approach alleged infringers with offers of a negotiated settlement. This practice may emerge in New Zealand too.

著作権の裁判においてあなたは著作権の所有者が求めるペナルティの分だけを支払うことになります。海外では、著作権の所有者はしばしば話し合いによる解決のオファーとともにアプローチされています。これはニュージーランドでも同じように浮上するもしれません。

The cost of Internet Service Providers in sending you a notice is more than $25 but they have to bear the difference. They also have to pay for setting up systems to comply with the new law. These costs, to the extent they are passed on to us as customers, are costs that we all have to pay through higher Internet access costs.

インターネットサーヴィスプロヴァイダーがあなたに通知を送る料金は$25以上ですが、彼らはその差額を負担する必要があります。彼らは、新しい法律のためにシステムを構築する費用をも賄わなければなりません。これらのコストは、彼らが私たち顧客として支払うコストであり、その高いインターネットアクセス料金を通して支払うことになります。

Is there anything I can do to get the law changed?

私が改定において何かできることはありますか?

See Changing the law

改定の項を参照してください。

What happened to the old section 92A?

古い法律のセクション92Aについて何か変わるのか?

It’s been repealed and replaced by the new law.

それは無効にされ新しい法律によって入れ替えられます。


この法律で問題を抱えることになるのは、インターネットアカウントを持つ世帯主や保護者(またはインターネットを契約している本人)で、もし必要であれば、最初の通知が来たときに、特定のウェブサイトやそのアドレスを確認し、それをルーターあたりでアクセス禁止にしなければ(またはユーザーにそのウェブサイトにアクセスしないように注意しなければ)、いずれまた新たな通知が送られてくる可能性があることです。それが2回繰り返され、3回目に達すると法廷で罪を問われることになります。

この記事を読む限り、とりあえずP2Pを使っていない限り、それほど神経質になることもなさそうですが、知らない間にファイルをダウンロードしたりするなど無意識に法を犯す可能性があるので、インターネットのアクセスの管理はどうしても必要になります。なので、インターネットを契約している方で、家族やフラットメイトとインターネットを共有している場合、アクセスを管理する設定を確認したほうがいいかもしれません(例えば、DLINKのこのモデム・ルーターだと、これがマニュアルです。で、60ページ(または63/106)あたりから設定すれば不要なアクセスを管理できます)。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/technology-news/internet-piracy-crackdown-kicks-in-4340306

2 件のコメント:

  1. これは読み応えがありました。お疲れ様でした。記事を読む限り、基本的に「著作権者からの訴え」からスタートように取れたのですが、だとしたら実際適用となるケースはどういうケースなのか、誰がどういうケースについて適用するのか、今後が楽しみです。

    返信削除
  2. この法律の最大の問題点は、違反者をMACアドレスではなくIPアドレスで特定することで、一度疑いをかけられたインターネットの契約者(または該当する IPアカウント保持者)が自らの無実を証明しないかぎり、その嫌疑は解かれないことです(例:となりの住人がjayjaysさん宅の無線をハッキングして違法ダウンロードしてもjayjaysさんが訴追の対象になります)。とりあえず、ウェブの閲覧やストリーミングの視聴はいまのところ対象になっていないため(ポート80番は普通に使っても問題ないはず)、P2Pのソフトの使用を控えることくらいしか対応策がないのが現状だと思います。

    返信削除