2011年8月12日

試験飛行で消えた世界最速の飛行機

面白そうな記事だったので、メモ程度に。

A US military plane developed to fly anywhere in the world in an hour has gone missing on its second test flight.

世界中をどこにでも1時間で飛ぶことができるアメリカ軍が開発した飛行機が2回目のテスト飛行で行方不明になっている。

The hypersonic plane developed for US defence research into super-fast global strike capability was launched atop a rocket overnight but contact was lost after the experimental craft began flying on its own, the Defense Advanced Research Projects Agency said.

世界中に超速攻撃ができる能力を持つアメリカ国防総省のために開発された音速飛行機は昨夜発射されたが、飛行機自身が飛び始めたあとに通信を失ってしまった、ディフェンスアドヴァンスドリサーチプロジェクトエージェンシーが述べている。

There was no immediate information on how much of the mission's goals were achieved.

任務がどのくらい遂行され達成されたか即座に提示できる情報はない。

It was the second of two planned flights of a Falcon Hypersonic Technology Vehicle-2. Contact was also lost during the first mission.

それは2回計画されていたファルコンハイパーソニックテクノロジーヴィークル-2の2回目の飛行だった。最初の任務の最中に通信も途絶えている。

The craft is part of a US military initiative to develop technology to respond to threats at 20 times the speed of sound or greater, reaching any part of the globe in an hour.

その飛行機はアメリカ軍の管理下にあるもので、音速の20倍またはそれ以上速い攻撃に対応するための技術開発で、地球のいかなるところにでも1時間で到達することができる。

The HTV-2 is designed to be launched to the edge of space, separate from its booster and manoeuvre through the atmosphere at 21,000 kph before intentionally crashing into the ocean.

HTV-2は宇宙空間スレスレを飛行できるように設計され、ブースターと切り離され、故意に海洋に墜落させる前に大気圏を時速2万1千キロで機動飛行していた。


これがその飛行機のイメージです。


ネタ元:http://www.stuff.co.nz/world/americas/5433894/Fastest-ever-plane-goes-missing-on-test-flight

0 件のコメント:

コメントを投稿