2011年8月15日

地上最速のロケットカー

最高時速が、なんと45秒以内に1690km/hだそうです。


The Bloodhound SSC rocket car, aiming for a 1690km/h land speed record next year, uses a Cosworth Formula One V8 to drive the rocket's oxidiser fuel pump, which must deliver 1.5 tonnes of rocket fuel in 23 seconds.

来年地上で1690km/hの記録達成を狙っている、ブラッドハウンドSSCのロケットカーは、コスワースフォーミュラワンのV8エンジンを使いロケットの酸化性燃料ポンプを駆動し、そのポンプは1.5トンものロケット燃料を23秒で供給しなければならない。

The rocket drinks 800 litres of fuel during a 20sec run.

ロケットは800リットルの燃料を20秒の走行で飲み干してしまう。

It consists of a custom-designed Falcon hybrid rocket, the Cosworth CA2010 F1 engine, a pump adapted from a Blue Steel cruise missile and a HTP (High Test Peroxide) oxidiser tank.

それはカスタムデザインされたファルコンハイブリッドロケットで、コスワースCA2010F1エンジンを持ち、ポンプがブルースチールクルーズミサイルとHTP(ハイ・テスト・ペロキシサイド)酸化性タンクに追加されている。

The rocket is four metres long, 45.7cm in diameter and weighs just 400kg. Designed by a self-taught engineer, 27-year-old Daniel Jubb from Manchester, the Falcon will provide 27,500lbs of thrust - equivalent to about 645 family sedans.

ロケットの長さは4mで、直径が45.7cm、そして重量がちょうど400kg。マンチェスター出身の独学のエンジニア、27歳のダニエル・ジュブによって設計され、ファルコンは27,500lbsの推進力を発することができる - これはちょうど645台のファミリーセダンに匹敵する。 

Combined with the car's EJ200 jet, it will go from stop to 1690km/h (1050mph) in 45 seconds.

車のEJ200ジェットと組み合わされ、それは停止状態から1690km/h (1050mph)まで45秒以内に達する。


昔あったブルーフレーム号を思い出しました(笑)。ちょうどこの頃、スーパーカー全盛の時代だったような気がします。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/motoring/news/article.cfm?c_id=9&objectid=10745089

0 件のコメント:

コメントを投稿