2011年8月19日

若年の指紋押捺記録を破棄する警察

その行為が違法だったため、若年の犯罪者の記録として保持していた指紋押捺記録と写真を破棄しなければならないようです。


Police have had to destroy 5500 records of fingerprints and photographs of youth offenders to comply with a 2008 law change that unintentionally made it illegal to keep them.

警察は故意に記録を保持することを違法とした2008年の改定された法律に従うため、5,500件もの若年の犯罪者の指紋押捺と写真を履きしなければならない。

Before the passing of the Policing Act 2008, police could retain fingerprints and photographs if any charge against someone in the Youth Court was proven - even if the person was discharged without penalty.

ポリシングアクト2008が通過する前は、もし、青少年裁判所が証明した誰かに対し容疑がかけられたさいに警察は指紋押捺と写真を保管することができた - たとえもしその人物が無罪で釈放されたとしても。

The 2008 legislation meant police could keep only about 50 sets of identifying records a year; the previous limit was about 1200 records, which will be restored with the passing of the bill yesterday.

2008年の改定の意味は、警察が年間で保管できる証明記録はおよそ50セットだけしか許されなかった;以前の制限はおよそ1,200件で、昨日通過した改定案により、それらの記録が(元の保管場所へ)復元される。

(中略)

The bill was kept secret until it was introduced yesterday morning, which the Green and Maori parties described as a "travesty".

その改定案は昨日の朝に公表されるまで秘密にされていたが、グリーン党とマオリ党は、その行為は滑稽だと指摘している。

"The public didn't have any chance at all of finding out anything about this bill until we started debating it in this House," Green MP Keith Locke said.

私たちがこの議会で議論を始めない限り、国民はこの改定案について何か見つける機会を完全に失っている、グリーン党MPキース・ロックは述べた。

"Any people who might be concerned about the legal issues involved in this are totally shut out of this process."

法的問題の関係ついて懸念を持つ人々たちはこの過程から完全にシャットアウトされている。

But Ms Collins said announcing the bill earlier would have been an invitation to a flood of appeals.

しかし、コリンズ女史はこの改定案を早期に公表することでたくさんのアピールの招待になっている、と述べた。

"The last thing we want to do is have every lawyer in the country race around and try and overturn convictions."

私たちが最後にやりたいことは、この国にいるすべての弁護士たちへ一刻も早く(この改定案を伝え)、有罪のものを覆そうとしている。

Police became aware of the problem in 2010, but it was not until December that it became clear that a bill was needed to fix it.

警察は2010年にこの問題に気づいていたが、12月になるまで、それを解消するには改定案が必要であることが明らかになった。

"There was a great deal of effort put in by police and Crown Law to make sure there was no extension of police powers, because then we would have had to go to select committee," Ms Collins said.

そこにはすばらしい多大な努力が警察によりつぎ込まれ、クラウン立法において(違法なことをさせないように)警察力の延長がないことを確実にした、なぜなら私たちは委員を選びに行くことができないから。

She described the error, which occurred under the previous Government, as "one of those collective failures".

彼女は、このエラーは前政権の元で発生した、それら収集することができる失敗のひとつだ、と述べた。


LEGAL LOOPHOLE

法律の抜け穴

* 5500 records of fingerprints and photographs of youth offenders have had to be destroyed.

* 5,500件に上る若年の犯罪者の指紋押捺と写真の記録を抹消しなければならない。

* This is to comply with a law change in 2008 that made it illegal to keep them.

* これは2008年にそれらの資料を保管することを違法とした改定された法律に従うためのものである。

* The Policing Act 2008 meant police could keep only about 50 sets of identifying records a year.

* ポリシイングアクト2008の意味は、年間50セットの認証記録までしか保持することができない制限を設けている。

* The previous limit was about 1200 records, which will be restored with the passing of legislation yesterday.

* 過去の制限はおよそ1,200件の記録で、昨日通過した法案により(元の保管場所へ)復元される。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10746004

0 件のコメント:

コメントを投稿