2011年8月16日

オーストラリアへ?もう一度考え直せ

オーストラリアへ移住しようとしている人々へ警鐘を鳴らしています。


New Zealanders desperate to move to Australia are being told not to bother.

オーストラリアへ移動したがっているニュージーランドの人々が、わざわざそのようなことをする必要がないと諭されている。

Rather than the good life they are expecting, they risk finding themselves broke and homeless and getting caught up in serious crime and prostitution, an Australian newspaper reported yesterday.

彼らが期待した良い生活を送ることができないまま、お金を失くし、ホームレスになり、深刻な犯罪や売春業に身を落としてしまう(または陥る)危険があることをオーストラリアの新聞が昨日報じている。

Statistics New Zealand figures show 29,900 permanent and long-term migrants left for Australia in the year to June in the biggest transtasman exodus for three years.

ニュージーランド統計局のデータによると、6月から過去1年間に永住または長期移住でオーストラリアへ向かった人々は29,900人に達しており、これは過去3年間において最も多数の人々がタスマン海を超えていることが示されている。

Brisbane's Sunday Mail said most were choosing Queensland - 16,000 short- and long-term-stay New Zealanders arrived at Brisbane Airport in the year to June.

ブリスベンのサンデーメールは、そのほとんどの人々がクイーンスランドへ - ニュージーランドから、16,000人の短期、そして長期滞在者が6月から過去1年間にブリスベン空港に到着している、と述べた。

The sunshine state appeals to New Zealanders because its weather is better than at home, wages are higher, and unemployment and the cost of living are lower.

日射量が多い州(またはクイーンズランド州)は、ニュージーランドよりも、気候、給料が高く、失業率と生活費が低いため、ニュージーランドの人々に人気がある。

But Nerang Neighbourhood Centre co-ordinator Vicky Va'a said there was a growing downside to the migration, with reports of homelessness among New Zealanders, teens "going to Surfers to prostitute themselves" and others aligning themselves with gangs and committing serious crimes because of a lack of jobs or access to services.

しかし、ネラングネイバーフッドセンターのコーディネイター、ヴィッキー・ヴァさんは、仕事に就けない、または支援サービスへ申請できないことから、ニュージーランドの人々の間でのホームレスや、生活のために売春業に就く10代、そして他にもギャングや深刻な犯罪に加担していることが報じられており、移民に否定的な側面が増大していると述べている。

Her advice to Kiwis considering the move to Australia is simple and was reported in yesterday's Mail: "Don't come here, especially if you don't have a job, don't have money or a back-up plan if things don't work out."

オーストラリアへ移動することを考えているキウィへの彼女のアドヴァイスは、昨日のメールでこう報告されている: こちらに来ないでほしい、特に仕事やお金、またはうまくいかなかったときに備えた計画を持たないのなら。

Last year, Ms Va'a wrote a report for the Maori Party outlining the challenges facing community workers.

去年マオリ党のためにヴァ女史が書いたレポートは、コミュニティワーカーたちが直面している出来事に挑戦することを概説していた。

She said young New Zealanders away from their parents were graduating from petty offences to drug-dealing and gang-related crime.

彼女は、卒業し親から離れた若いニュージーランドの人々の多くは薬物取り引きとギャングに関連する犯罪を起こしている、と述べた。

Her report also said that according to staff at the southside office of the Brisbane Children's Court, New Zealanders accounted for 28 per cent of their case workload.

彼女のレポートは、ブリスベンの南部にあるブリスベン児童裁判所の職員によると、係争されている労働環境(または労働時間)の裁判のうち28%にニュージーランドの人々が含まれていることを述べている。

"These are kids who don't have access to student loans or allowances over here, so for many, tertiary education is out of the question," she said.

これらの子供たちはここでは学生ローンやアローワンスを受給できないため、その多くは、ターシャリー(または学位、専門、等)教育は論外になっている、彼女は述べた。

"It's just escalating to a point where these kids realise they have to make money ... There was a kid we used to deal with who was going nowhere; he got done for the aggravated robbery of a pizza driver."

それは子供たちがお金を得なければならないことに気づいていることを増大させている。どこにも働きにいかなくてもいい子供に取り組んだものだった; 彼はピザ宅配の強盗に悩まされている。

Her research shows Kiwi families also face problems with overcrowding in homes. Sometimes up to three families share one rental property.

彼女の調査において、キウィの世帯が家で密集している問題に直面していることも示している。ときおり、ひとつのレンタル住居に3世帯ほどが共同生活している。

There are also reports of New Zealand children going to school without uniforms and food because their unemployed parents are not eligible for welfare payments.

失業している両親が福祉を申請する資格がないため、ニュージーランドから越してきた子供たちが、制服や食べ物なしで学校へ行っていることを指摘したレポートもある。

Ms Va'a said that even after going through the "costly and convoluted" procedure of applying for permanent Australian residence, it was still difficult for New Zealanders to obtain the level of support they would receive at home.

ヴァさんは、お金がかかる上複雑なオーストラリアの永住権を申請を通過したあとでさえも、ニュージーランドから来た人々が自宅で得られるごく普通の支援を受けることは難しい、と述べた。

"The Queensland floods highlighted the fact that New Zealanders or special-category visa holders were not protected."

クイーンズランド洪水は、実際に、ニュージーランド市民または特別なヴィザを持つ人々は保護されていないことを強調している。

The Nerang Neighbourhood Centre, about 70km south of Brisbane, sees 300 people a week wanting its free food packages. Half of them are New Zealanders.

ブリスベンから70kmほど南下したところにあるネラングネイバーフッドセンターへ、無料フードパッケージを求めている人々が週に300人訪れている。そのうちの半分がニュージーランドから来た人々が占めている。

The centre has also given emergency relief cash to at least 12 families in the past year so they could to buy plane tickets back to New Zealand.

センターは過去1年間において、少なくとも12もの家族へ、ニュージーランドへ帰国するための航空券を購入することができる緊急の現金を支給している。

Auckland native Daron Brinsdon, who lives in Morningside, Brisbane, and works for an electronics company, said Kiwis considering moving "should not be complacent".

ブリスベンのモーニングサイドに居住し、電気会社に勤めるオークランド出身のダロン・ブリンスドンは、移住を考えているキウィはのん気であるべきではない、と述べた。

"If you plan well, and I'm talking a one- to two-year plan, it is worthwhile.

もしあなたがうまく計画できるなら、そして(私が話す)1年から2年の計画を立てられるなら、それは無駄にはならない。

"You need to have something mapped out - it's a very litigious society and it's very expensive to get yourself established."

あなたは自分がすべきことを計画する必要がある - そこはとても論争好きな社会で、定住するにはかなりの費用がかかる。

Mr Brinsdon, 43, moved to Australia in March with his wife, their 4-year-old daughter and their dog. He said the move cost more than $30,000.

43歳のブリンスドン氏は3月に、彼の妻と4歳の娘、そして犬とともにオーストラリアへ移動した。彼は、引越し費用は$30,000以上かかったと述べた。

"It's like a big hole in the ground that you pour a lot of money into and people aren't aware of it," he said.

それは地中に開いた穴のようなもので、人々はたくさんのお金をそこに投げ込んでいることに気づいていない、彼は述べた。

"You have to re-establish furniture, schools, cars ... I think a lot of people ignore those things and just bail over here and try their luck."

家具を用意したり、学校を手配したり、車を買ったり… 私は人々の多くはこれら(必要最低限)しなければならないことを無視し、現地についてから運を天に任せているように思う。

Maori Party co-leader Tariana Turia said it was frustrating that Maori families were going to Australia and then having to seek help from relatives struggling at home when things didn't work out.

マオリ党共同リーダータリアナ・トゥリアは、それはオーストラリアへ向かったマオリの家族たちを失望させ、彼らは現地でうまくいかなかったときニュージーランドにいる親戚へ助けを求めている、と述べた。

"Our families shouldn't be leaving home and going to a strange country without having put things in place before they leave."

違う国へ飛び立つ前に、新天地で生活できるだけの用意ができないなら、ニュージーランドを去るべきではない。


THE NUMBERS

記事に関する統計

* 29,900 permanent and long-term migrants leaving for Australia in the year to June.

* 6月から過去1年間で29,900人が永住または長期移住のためにオーストラリアへ向かっている。

* 16,000 New Zealanders arrived at Brisbane Airport for a short or long-term stay in the year to June.

* 6月から過去1年間に短期またh長期滞在のためにブリスベン空港に到着したニュージーランド出身の人々は16,000人に達している。

* 38 per cent of foreigners living on the Gold Coast are New Zealanders.

* ゴールドコーストに住む外国人の38%がニュージーランド出身の人々。

* 28 per cent of case workloads at the Brisbane Children's Court involve New Zealanders.

* ブリスベン児童裁判所で裁かれている就労環境(または労働時間)の裁判のうち28%がニュージーランド出身の子供たちが関わっている。


うまくいかなくて戻ってくる人がたくさんいるのは事実ですが、実際うまくいっている人もいるので、(移住を考えている)人々は自分たちもうまくいくと信じ込んで 現地に飛ぶパターンが多いのかもしれません。よく知られた事実のひとつに、現地に身内なり知人がいないと想像以上に苦労するという話は聞くので、やはり綿密な計画とそれなりの予算は必要かもしれません。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10745190

0 件のコメント:

コメントを投稿