2011年8月30日

減刑を請願するレイプ加害者の娘

彼女に必要なのは、マクロ的な視点であって、家族愛では決してないと思います。

The daughter of a prominent Waikato businessman who was jailed for 10 years for raping and indecently assaulting an intellectually disabled teenager has pleaded for a reduced sentence, saying her father would not survive a lengthy prison term.

10代の知的障害者をみだらに暴行しレイプした罪により10年の禁固刑が命じられた有名なワイカトのビジネスマンの娘が、刑罰を減刑するよう請願し、彼女の父親は長い刑務所期間を生きながらえることができない、と述べている。

"We do not want to see dad die in jail. This whole ordeal has had a huge impact on our family. We ask for mercy for the family's sake."

私たちは父親が刑務所で死ぬのをみたくはない。このすべての厳しい試練は私たち家族にとってとてつもなく大きな衝撃となっている。私たちは、家族のための恩赦を尋ねている。

The woman cannot be named because her father, who was yesterday sentenced in the Hamilton District Court, still has name suppression.

ハミルトン地方裁判所で有罪判決を受けた父親の匿名がまだ認められているため、その女性の名前は明かされなかった。

He was found guilty in June of a representative charge of rape, unlawful sexual connection and indecent assault for the crimes which occurred over a period from September 2008 to February 2009.

彼は、レイプの容疑、 違法な性的なつながりと、2008年9月から2009年2月までの時期において発生した犯罪のための下品な暴行の人物として、6月に有罪判決を受けた。

His victim was 19 at the time but she has a mental age of between 6 and 10.

そのとき彼の被害者は19歳だったが、彼女は6歳から10歳の精神年齢を持っていた。

The man's daughter told Judge Glen Marshall her father suffered from depression and was at risk of self-harm. He had already carried out an eight-day hunger strike in prison and the family feared a long jail sentence would "destroy him".

その男の娘はジャッジ、グレン・マーシャルへ彼女の父親は鬱に苦しんでおり、自殺のリスクがあると話した。彼はすでに、刑務所で8日間のハンガーストライクを実行しており、家族たちは、長い刑務所の処罰は、彼を破壊するかもしれないことを恐れている。

"He is fragile both physically and psychologically. A long sentence with no light at the end of the tunnel will definitely ensure dad will die in jail."

彼は肉体的にも精神的にも脆い。トンネルの最後に光が見えない長い刑期は、間違いなく私の父親を刑務所で死なせることを確実にするだろう。

She said she did not want to minimise the weight of the guilty verdict. But she suggested home detention with electronic monitoring as early into his sentence as possible would be more suitable for her father.

彼女は有罪判決の重さを最小限にすることを望んでいないと述べた。しかし、彼女は、彼の刑期のなるべく早い段階で、監視するための電子機器を付けた自宅謹慎が、彼女の父親に適している、と提案した。

She also said he was a kind and generous man.

彼女は、彼は親切で寛大な人だと述べた。

"We love you, dad," she said to her father as he sat in the dock.

私たちはあなたを愛している、お父さん、彼女は父親にそう述べ被告席に座った。

Judge Marshall set the sentence at 12 years but reduced it by 18 months for the man's previous good character and a further six months for his health problems.

ジャッジ、マーシャルは12年の刑期を設定したが、男性の過去の服役態度が良いことから18ヶ月短縮し、彼の健康を考慮してさらに6ヶ月短縮した。

However the judge said there was premeditation in the attacks, which took place in the man's home, because he waited until the teenager's mother was not there.

しかしながら、ジャッジはその暴行に計画性があり、その場所は男性の自宅で、なぜなら、彼は彼女の母親がそのからいなくなるまで待っていた、と述べた。

The court heard that the victim was left revolted and confused by the man's interference, which she told him she did not want.

裁判所は、被害者は男性の妨害に反感を抱き混乱させられ放置されたことを聞いた。

Judge Marshall said the sentence could not be reduced further because the man showed no remorse and had not pleaded guilty. As well, he knew the girl was mentally disabled, which limited her ability to consent to sex.

ジャッジ、マーシャルは、なぜなら男性に良心の呵責はなく有罪にしないよう嘆願したこともみられないため、 刑罰はこれ以上減らすことはないと述べた。同様に、彼は少女が精神的に障害があり、彼女のセックスすることを同意する能力に限界があったことを知っていた。

The man made several outbursts during the sentencing claiming his innocence but at one stage, when Judge Marshall referred to oral sex the man made the victim perform at least 10 times, he said it only happened "two times".

 男性は判決を言い渡されているときに、彼は無実であると何回も感情を爆発させていたが、あるひとつの段階で、ジャッジ、マーシャルが、少女は男に少なくとも10回以上のオーラルセックスを強要されたことを引用したとき、彼はそれは2回しか起きていないと述べていた。

As Judge Marshall handed down 10 years on the first two guilty charges and two years for the third, to be served concurrently, the man pointed to the Crown prosecutor.

ジャッジ、マーシャルは最初と二つめの有罪において10年に反対することもなく、そして三つめの有罪のための2年の刑期は、禁固が始まると同時に仕えること、男性をクラウン検察官へ指し示した。

"She is a filthy liar," he shouted.

彼女は堕落した嘘つきだ、彼は叫んだ。

But Judge Marshall did not impose a minimum period of imprisonment so the man could be eligible for parole after he has served a third of his sentence.

しかしジャッジ、マーシャルは、禁固刑の最小期間を課さなかった、そのため彼は、彼の三つ目の刑罰に仕えたあと、仮出所を申請できる資格を持つかもしれない。

His name remains suppressed because he faces charges over another alleged victim.

なぜなら彼はもうひとりの被害者からの訴追に直面しているため、彼の名前は伏せられている。


犯罪者が刑務所で死ぬのも、それもまた人生、法治国家に住んでいる限り、法に基づいて罪を償うことが最も大切なことだと思います。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/index.cfm?objectid=10747698

0 件のコメント:

コメントを投稿