2011年8月5日

施行される合成大麻の販売禁止

クロニックが完全に販売禁止と相成りました。



Legislation passed last night banning synthetic cannabis has been welcomed by a Christchurch father.

(クライストチャーチのある父親が待ち望んでいた)合成大麻を禁止とする法案が昨晩通過した。

The third and final reading of legislation reforming the Misuse of Drugs Act wrapped up around 5pm yesterday.

3番目そして最終のミスユーズオブドラッグアクト(薬物法)の改定が昨日夕刻5時頃にまとめられた。

It means cannabinoids used in products like Kronic are now illegal.

それは、クロニックのようなカンナビノイド(化学物質)が使われた商品がいま、違法となったことを意味している。

The Bill passed 104 votes to 15 with only Act, the Greens and independent MP Chris Carter opposing.

その改定案は104票で通過し、反対票はアクト党、グリーン党、そして独立しているMPであるクリス・カーターが投じている。

The new law comes into place today and stockists must remove the products from their shelves by the middle of the month.

その新しい法律は今日から効力を持ち、商品棚にある該当商品を今月中旬までに撤去しなければならない。


そもそも当初はニュージーランド政府はこの合成大麻には寛容で、通常のタバコやアルコールと同じようにR18指定(18歳未満の購入・使用は違法)だったのに、おとなりのオーストラリアで同じ商品が販売禁止になったことを受け、政府があわててこのような法案を作ることになり、今に至っています(あまりに日和見的な対応があったことは否めません)。いずれにせよ、タバコもそのうち買えなくなるので、愛煙家にとって住みにくい国になることは確かかもしれません。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/legal-highs-forced-shelves-today-4339884

0 件のコメント:

コメントを投稿