2011年8月13日

ニュージーにいる5ミリオンのペット

ニュージーランドは世界で最もペットの多い国のようです。

It's no longer just sheep who outnumber people in New Zealand.

ニュージーランドで人口よりも多いのはもう羊だけではない。

A groundbreaking survey, released today, places our companion animal population at approximately 5 million, compared to a mere 4.4 million for humans.

今日発行された画期的な調査によると、人口はわずか4.4ミリオンだが、愛玩動物の数がおよそ5ミリオンであることが明らかになった。

The survey, published by the New Zealand Companion Animal Council (NZCAC), shows 68% of New Zealand households own at least one pet, a higher percentage than in any comparable country.

NZCAC(ニュージーランド愛玩動物カウンシル)が発行した調査において、ニュージーランドの世帯のうち68%がなんらかのペットを所有しており、これは比較できる他の国よりも高い割合になっている。

And the survey carries a clear message for politicians and lawmakers, pointing out that 43% of our pet-loving nation thinks animal welfare and protection should receive more attention.

そしてその調査において、政治家や法律専門家たちへ、ペットを愛する43%の国民は動物福祉と保護にもっと注意を向けるべきだと指摘する、明確なメッセージがみられる。

New Zealanders are also revealed as the world's biggest cat owners, with a feline population of 1.419 million.

ニュージーランドでネコ科の動物が1.419ミリオンも飼われており、世界で最も猫の飼い主が多いことも明らかにされた。

According to the survey 28% of New Zealand households own a cat and a further 20% of households own two or more. These figures contrast with Australia's, where a total of only 23% of households are cat-owning.

調査によると、ニュージーランドの世帯のうち28%が猫を飼っており、さらに20%の世帯が2匹または3匹の猫を飼っている。このデータはオーストリアとは対照的で、猫の飼い主は全世帯で23%しかない。

Conversely, New Zealand's 29% of dog-owning homes compares to 36% in Australia. Even so, our canine population stands at an impressive 700,000.

反対に、ニュージーランドの犬の飼い主は29%だが、オーストラリアでは36%もある。たとえそうであっても、ニュージーランドにネコ科の動物は(印象的な)700,000匹もいる。

But dogs and cats are not the only companion animals to have found their way into Kiwi homes and hearts. In addition to 88,000 rabbits and 527,000 birds, we've made houseroom for 1.678 million fish, making them our most populous companion species.

しかし、犬と猫だけがキウィ世帯の愛玩動物ではないことをその調査がみつけている。さらに、88,000匹のウサギ、527,000匹の鳥、1.678ミリオンの魚も収容しており、彼らが最も人口密度の高い愛玩種になっている。

The NZCAC survey was conducted online with a representative sample of 1,570 adults from across New Zealand between 7th and 11th April 2011. The survey also draws on data from a range of sources, including the Ministry of Agriculture and Forestry.

NZCACの調査は全国の1,570人の成人を対象に2011年4月7日から11日の間、オンラインで実施された。その調査はミニストリーオブアグリカルチャーアンドフォレストリ(農業・林業省)から様々なデータも引用している。

"Our survey is a document of considerable significance, providing us, for the first time, with a detailed, statistical break-down of the number and variety of companion animals owned in New Zealand," says the NZCAC's Patron, Bob Kerridge

私たちの調査は、ニュージーランドで飼われている愛玩動物の種類や数を統計的かつ詳細なデータを今回初めて私たちにもたらした非常に重要な文書である、NZCACのパトロン、ボブ・ケリッジは述べた。

(中略)

According to the survey, New Zealanders spend $1,583.8 million a year on their companion animals, with food expenditure of $766 million representing the largest cost item, followed by $358 million for veterinary services and $166 million on healthcare products.

調査によると、ニュージーランドの人々は$1,583.8ミリオンを毎年ペットに費やしており、最も費用がかさんでいるペットフードに$766ミリオン、次に獣医へ$358ミリオン、そして$166ミリオンがヘルスケア商品に費やされている。

Cats turn out to be less expensive to keep than dogs, with 48% of all companion animal expenditure going on the nation's canines and only 43% on its far more numerous felines.

猫は犬よりも飼うのにお金がかからないことが判明しているが、すべての愛玩動物の出費のうち48%がイヌ科の動物に、たった43%があちこちでたくさん(または多くの世帯で)飼われているネコ科の動物へ費やされている。


最近アニメイツのセールが増えています。ウェブはこちらから(定価はそれほど安くはないですが他店よりも種類は豊富だと思います)。

ネタ元:http://www.voxy.co.nz/lifestyle/five-million-pets-nz-survey/5/98060

0 件のコメント:

コメントを投稿