2011年8月24日

遅れているクライストチャーチの復興

復興が当初の予測よりもかなり遅れているようです。

The 6.3 magnitude quake caused widespread damage across the city, especially in the CBD and eastern suburbs.

マグニチュード6.3の地震は、街全体を広範囲に、特にCBDと東地区を損傷させた原因となっている。

Since the first significant quake on September 4 last year, Christchurch residents have had to deal with more than 7000 aftershocks.

昨年の9月4日に起きた最初の重大な地震から、クライストチャーチに住む人々は7,000回以上もの余震を経験している。

Around 1600 homes in the eastern suburbs still don't have flushing toilets and 20 roads still remain closed, excluding the cordoned central-city roads.

東地区に住むおよそ1,600世帯の人々がいまだにトイレを流すことができず、セントラルシティ内の立ち入り禁止地区を除く、20もの道路がいまだに閉鎖されている。

But despite this Prime Minister John Key believes the people of Christchurch are doing well and the plan outlined for the city's future has helped.

しかし、これにも関わらず、ジョン・キー首相はクライストチャーチに人々はうまくやっており、街の将来を描いたプランが彼らを助けていると信じている。

"What I noticed when I went back a few weeks ago was, despite all that despair, people were starting to see this vision of a future for Christchurch," Key told TV ONE's Breakfast.

私が数週間前に戻ったときに気づいたことは、すべてが絶望にあるなか、人々はクライストチャーチの将来の未来図を見始めていた、キーはTVONEのブレックファストへ話した。

"They could actively see things happening. The mood actually probably changed on the ground. They were feeling a lot better about it."

彼らは積極的に起きる何かを見ている。根本的なところで、空気は、たぶん変わっている。彼らのそれについての意識は良くなっていた。

But the Government buy-out of properties is still causing some concern.

しかし、政府が買収する土地においてまだいくつかの懸念が残されている。

Leanne Curtis from Canterbury Residents' group Cancern says there has been a mixed response from residents whose homes the Government has offered to buy out.

カンタベリーレジデンツグループキャンサーンのリーニー・カーティスは、政府から土地の買収を提案された居住者たちからの混じった反応がある、と述べた。

Curtis told TV ONE's Breakfast that for every unhappy resident she hears from there is another that believes the offer is fair.

カーティスはTVONEブレックファストへ、彼女がそこで聞いた、政府のオファーに不幸せなすべての居住者は別で、政府からのオファーは妥当なものだと信じている人々もいると話した。

She said people are still trying to get their heads around the offers and many are awaiting insurance details so it is hard to grasp the general mood among residents.

彼女は人々はまだ目の前に出されているオファーを得ようとしており、たくさんの人々は保険の支払いを待っている状況で、住人の人々の間で一般的な意向を掴むことが難しい、と述べた。

But she did note "increasing conversation about people wanting to leave for Australia" and the feeling that overall people are struggling.

しかし彼女は、オーストラリアへ行きたがっている人々についての会話が増えていることと、全体的に人々は(どうにもならない状況に)苦労している雰囲気であることを指摘している。

"Generally all of them are going to have to increase their mortgage to be able to buy land and the other thing is there is such a shortage of land availability," she said.

一般に彼らのすべてが土地を買うため彼らのモーゲージを上げなければならず、そしてそれに伴う他の問題は、宅地にできる土地が不足していることだ、彼女は述べた。

The cost of undamaged sections is on the rise, meaning that some residents are having to downgrade or move entire suburbs, despite the Government assistance package.

被害を受けていない土地の値段は上昇しており、これにより、政府の支援パッケージがあるにもかかわらず、いくにんかの住人たちは評価の低い場所、または違う地域へ引越ししなければならないことを意味している。

Almost 600,000 tonnes of silt has been removed from properties but many residents still have no clue about the future of their homes.

およそ60万トンの汚泥が宅地から運び出されているが、たくさんの居住者たちは、まだ彼らの家の将来について手がかりが得られていない。

Curtis says there are good solutions being discussed among residents and she is urging the Government and council to take heed.

カーティスは、居住者の人々の間で良い解決策が議論されていると述べ、政府とカウンシルは注意を払うべきだと主張している。

"They need to listen and not leave it all up to the property developers.

彼らは聞く必要がある、そして不動産業者へすべてを委ねるべきではない。

"People don't necessarily want to live a subdivision life. If they have to move out of the red zone, they want to live in the way they lived before," Curtis said.

人々は必ずしも分譲地で(一生)住みたくはない。もし、レッドゾーンから移動しなければならないのなら、以前住んでいたように住めることを望んでいる、カーティスは述べた。

Key says he believes the wheels are turning as quickly as they can.

キーは、政府の対応は彼らができる範囲ですばやく対応できていると信じている。

"We're literally ripping down one and two buildings in the CBD and thousands and thousands of homes.

私たちは文字通り、CBDにあるひとつふたつのビル、そして数千もの住宅を引き降ろしている。

"In that regard, yes, the body that's responsible for that, Cera's doing a lot of great work, we really need to clear the CBD and make sure the shaking stops to start the rebuild," he said.

その点において、私たちは責任があり、CERAがすばらしい仕事をしている、私たちは本当にCBDを問題のない場所にする必要があり、再建築を始める前に、余震が完全に収まるのを確かめなければならない、彼は述べた。


CTV questions remain

残るCTVへの疑問

One of the enduring images of the February 22 earthquake, is the smouldering pile of rubble that was once the CTV building.

2月22日の地震の耐え難いイメージのひとつで、積み重なった瓦礫が燻っている、かつてのCTVビルだった。

An engineering expert has released his findings into the cause of the six-storey building's catastrophic fall taking 115 lives with it.

6階建ビルが壊滅的に崩壊し115人の命を奪った原因について、エンジニアリングの専門家が彼の発見を公表した。

Professor Jose Restrepo told TV ONE's Sunday that the problems with the building go right back to construction.

プロフェッサージョセ・レストレポはTVONEのSundayへビルの問題は背後にあった解体工事が問題だったと話した。

He said the original design and faults in the construction were to blame but claimed the building met the building code at the time.

彼は建築の元々のデザインと落ち度も非難されるべきだが、当時そのビルは基準を満たしていたと述べた。


クライストチャーチの余震はあまりにも異常で、去年に起きた9月の地震から、その揺れが完全に収まる気配を見せていません。復興の予算も限られており、この余震がコントロールできないと、(建設後に起きる余震により損傷を受ける可能性があるため)なかなか大きな工事を始めることができないようです。当初考えられていた復興は、もう少し時間がかかるように思います。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/christchurch-recovery-slow-six-months-fatal-quake-4358731

0 件のコメント:

コメントを投稿