2011年8月3日

自作ホバークラフトの羽で即死

ちょっと恐ろしい話なので、その手の話が苦手な方は自己責任で。


An Auckland man has been beheaded while testing a hovercraft he'd built himself from a kitset.

オークランドに住む男性が組み立てセットから彼自身が作ったホバークラフトをテストしていた最中に首を切られてしまった。

Maritime New Zealand is helping police investigate the death - which happened on Sunday, as the 40-year-old tried out the craft for the first time.

マリタイムニュージーランドはその死(または死因)の調査をする警察を助けている - それは日曜日に、40歳の男性がそのホバークラフトを初めて始動させようとしたときに起きた。

Sergeant Colin Nuttall from the Waitemata police serious crash unit said the man died instantly, with his partner and a next-door neighbour looking on.

ワイテマ警察署シリアスクラッシュユニットから来ているコリン・ナッタール警部は、その男性は即死で、彼のパートナーと隣にすむ知人の目の前で起きたと述べた。

It's thought an engine fault caused a blade to strike his head. Hovercrafts are propelled by a large fan normally positioned behind the driver.

それはエンジンの不調がそもそもの原因で、(それを直そうとした)彼の頭にホバークラフトの羽が直撃したと考えられている。ホバークラフトは大きな羽を動力としており、一般的に運転手の後ろに位置している。

Nuttall said owning an operating a hovercraft was unregulated in New Zealand.

ナッタール氏はホバークラフトを所持し操作することはニュージーランドで規制されていないと述べた(注:無免許で組み立てられ、海に持ち込んで運転できる)。

"The only thing you can't do is use it on a road," he told the New Zealand Herald.

ひとつだけ規制されているのは、ホバークラフトを道路で使うことができない、彼はニュージーランドヘラルドへ話した。

"You'd need a warrant of fitness and registration for that, and you'll never get something like that warranted or registered."

普通は車体検査も登録も必要だが、車検済みや登録済みのものを手に入れることは決してない。

An engineer with specialist knowledge of hovercrafts is helping the police with their inquiries.

ホバークラフトの知識を持つ専門家のエンジニアが警察の依頼を助けている。

The man has not yet been named.

その死亡した男性の名前は明らかにされていない(注: 最新の記事では名前と職種が明らかにされています)。


6時のニュースをみていると、この男性が組み立てたのはキットセット(必要なものがすべてそろっている組み立てキット)ではなく、インターネットで部品を集め自分で設計して組み立てたもののようです。映像で写っていたのがそれだとすると、かなり安全に問題がある構造であるのは間違いがないようですが、なぜブレードの間に彼の首が入ったのか、調査結果次第では謎になるかもしれません(エンジン起動中に、最初の2~3回転で、彼は即死していたことになります。まったく機械を知らない人ではないので、何か他の要因があるかもしれません)。おそらく、この事故により、ホバークラフトだけでなくその他自家製の乗り物などの安全基準などが見直されるように思います。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/man-beheaded-while-testing-hovercraft-4337487

0 件のコメント:

コメントを投稿