2011年8月30日

しばらく忍耐が続くアルコール業界

NZドラッグアンドアルコールの代表が、政府が出した改正案に苦言を呈しています(時間がとれなかったので、ちょっと雑です)。


NZ Drug and Alcohol foundation executive director Ross Bell says the issue of pricing and marketing is the biggest discrepancy in the recommendations released yesterday in the 270-page report by the Parliamentary select committee charged with looking at alcohol reform.

NZドラッグアンドアルコール財団エグゼクティヴディレクター、ロス・ベルは、昨日公表された勧告の中で示されている、アルコールに関する法律を改定することを課せられた議会特別委員会によって報告された270ページのレポートの中で、価格と広告の問題は最も大きな矛盾を抱えていると述べた。

He said sales and marketing is an issue that will continue to frustrate communities.

彼は販売と広告は委員会を継続的に失望させることになるだろう、と述べた。

"I think it's pure politics. No Government wants to be putting up the tax on alcohol," Bell told TV ONE's Breakfast. "We've seen how that doesn't go down so well in this country before."

私はそれは純粋に政治的なものだと思う、アルコールに税金をかけることを望まない政府はない。ベルはTVONEのブレックファストへ話した。私は過去にこの国でいかにそれが下げられることがないかずっと見ている。

He said the Government is shying away from the issue.

彼は、政府が問題からしり込みしていると述べた。

"I do agree that the Bill and the recommendations have gone a long way, and we have had some good news yesterday when the Government announced an additional $10 million to go into drug and alcohol treatment.

私は法案と勧告は長い道のりであることに同意しており、そして、政府が薬物やアルコールに関する治療に追加予算$10ミリオンを計上したこと公表したことなど、私たちはいくつかはいいニュースを得ている。

"But I think communities will certainly be disappointed, and the Government has not gone far enough with reforms."

しかし、私は委員会において失望させられるだろう、そして、政府は改革において十分ではなかったと思う。

The Government has accepted 130 changes suggested by the committee to its Alcohol Reform Bill.

政府は委員会によって提案されたアルコールリフォームビルへの130の改定を受け入れた。

Greater restrictions on alcohol advertising, a crackdown on supermarket liquor sales and banning dairies from selling alcohol were among those recommendations.

アルコール広告に大きな制限を設け、スーパーマーケットの酒類の販売の厳重な取り締まりと、アルコール販売からデイリーを禁止したことは、それらの勧告の中にあった。

The Bill's proposed split drinking age was also accepted by the committee, meaning 18 year olds would be able to buy alcohol in bars and pubs, but would have to be 20 to purchase from liquor outlets.

法案の飲酒年齢を分割する提案も委員会によって受け入れられ、その意味は18歳はバーやパブでアルコールを買うことができるが、20歳にならないとお酒を販売する小売店から購入することはできない。

However, some reform suggestions have been ignored, prompting critics to complain the Bill doesn't go far enough in changing what's perceived to be New Zealand's binge-drinking culture.

しかしながら、いくつかの改定は無視されており、法案がニュージーランドの飲酒文化だと思われている何かを変えることにおいて十分ではなかったという苦情を訴える批評家を奨励している。

Alcohol Healthwatch director Rebecca Williams said real progress was needed around the price of alcohol, alcohol tax and sponsorship.

アルコールヘルスウォッチディレクター、レベッカ・ウィリアムズは、アルコールの価格、アルコール税金、そしてスポンサーシップなどにおいて、本物の進展が必要だったと述べている。

Williams said it is like "Tonka toys" going to do the job rather than the heavy machinery needed.

ウィリアムズは、重機が必要だったのに、子供のおもちゃのようなものが仕事をしている、と述べた。

"It is an insult to the thousands who have participated in the process."

それはその手続きの中に参加した数千人もの人々を侮辱している。

Committee chair says change will be gradual

委員会の代表は改定はゆるやかに進められると述べた。

Changes to the way supermarkets can display and sell alcohol, forcing them to create a separate section for alcohol, have done nothing to quieten critics.

スーパーマーケットがアルコールを陳列し販売する方法への改定は、彼らへアルコールのための仕切られた場所を作ることを強制しているだけで、批評家たちを静かにさせるものは何もなされていない。

Bell says the reforms are essentially "a bit of smoke and mirrors" because it ignores the larger problem of bulk-purchasing power, which allows alcohol suppliers to offer heavily reduced prices.

ベルは、改定は基本的には巧みなごまかしの一部で、なぜならそれは、まとめ買いをする力の広範囲にわたる問題、それはアルコール供給者へ価格を大きく下げることをオファーさせることを無視している。

In response to such criticisms, National MP and committee chair Chester Borrows told TV ONE's Breakfast that the reforms do contribute to solving the problem of binge-drinking.

そのような批評家へ回答のなかで、ナショナルMPと委員会の代表チェスター・ボロウズはTVONEのブレックファストへ、改定は過度の飲酒の問題の解決に貢献すると述べた。

"I don't think they recognise how far we've come," said Borrows.

私はどのくらい貢献しているか彼らが認識していると思っていない、ボロウズは述べた。

"We've spent 80 years liberalising our laws, and to jump all the way back and constrain them as far as [critics] want in one leap is quite a big jump. Our new liquor laws will make a difference - in a couple of years, once we've done studies on various aspects like advertising."

私たちは80年私たちの法律を自由にさせることに費やしている、そして一気にすべての方法をジャンプすること、批評家たちが望むように規制することに一度で規制するのは、かなり大きなジャンプになる。わたしたちの新しいリカー法は違いを生むだろう - 2,3年以内に、広告のようないくつかの側面において調査をすることによりそれが明らかになるはずだ。

However, Borrows said the Government plans to look at further changes that will eventually address all the points made in the 8000 submissions from lobby groups and the public.

しかしながら、ボロウズは政府の計画はさらなる改定、最終的にはロビーグループと公衆からの8,000もの意見のすべてのポイントを見ていると述べた。

"This is the first time in about 80 years that there's been a call from the public to constrain alcohol laws. To those that say we haven't gone far enough, they need to consider that we've done about three-quarters of what they wanted. And the rest we'll get to in time."

これはおよそ80年間で公衆からの声によってアルコール法を規制する初めてのものだ。改定が十分ではないと主張するそれらの人々へ、私たちは、彼が望むおよそ4分の3は実行したことを、彼らは考慮する必要がある。

One such critic, Family First, says the reforms will have little effect on binge-drinking.

そのような批評家のひとり、ファミリーファーストは、改定は過度の飲酒に少しだけ効果あると述べた。

"The binge drinking culture has been spiralling out of control as we have liberalised laws and controls around alcohol abuse. In 1989 alcohol law changes eased restrictions for off-licence selling ... then in 1999 we foolishly lowered the drinking age," said Bob McCoskrie, national director of Family First.

過度の飲酒の文化は、私たちが法律とアルコール乱用の周辺のコントロールに自由主義であるため終わりがなくコントロールできていない。1989年にアルコールの法律が販売ライセンスのための規制をゆるく改定した… そして、1999年私たちは愚かにも飲酒年齢を引き下げた、ファミリーファーストのナショナルディレクター、ボブ・マッコスクリーは述べた。

"In response, politicians have tackled the festering sore of alcohol harm with a tickle."

回答において、政治家たちは、楽しみとともにアルコールの害の苦痛をつのらせることに取り組んでいる。


Dairy owners annoyed

悩まされるデイリーのオーナーたち

And where there are some saying the reforms don't go far enough, dairy owners say they go too far.

そして、そこにはいくにんかは改定が十分ではないと主張するところ、デイリーのオーナーたちはそれはいきすぎだと述べている。

Many are angry at the prospect of not being able to sell alcohol.

たくさんの人々はアルコールを売ることができない見通しに激怒している。

The Association of Dairies, Groceries and Small Businesses says the measures do nothing to educate people about alcohol.

デイリー、グロサリー、そしてスモールビジネスのアソシエーションは、対策はアルコールについて人々を教育することに何もしていない
、と述べた。

Spokesman Neil Patel says prohibiting convenience stores from selling alcohol will result in their demise.

スポークスマン、ニール・ペイテルは、アルコールの販売からコンヴィニエンスストアを禁止することは、彼らの消滅の結果になるだろう、と述べた。

He says while alcohol only makes up a small portion of sales, it is the sale of other commodities bought at the same time which will be reduced.

彼は、アルコールが販売の小さな一部分だけだとするなら、それは他の必需品の販売も同時に減らされることになるだろう、と述べた。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/politics-news/critics-slam-alcohol-changes-chair-says-patience-needed-4367453

1 件のコメント:

  1. eToro is the most recommended forex trading platform for beginning and professional traders.

    返信削除