2011年8月3日

蔓延の恐れがある悪性のバグ

追加: TVNZの記事を確認すると、咳やくしゃみ、キスや飲み物の回し飲み、感染者と長くいると感染することもあるようです。そしてそれは記憶障害や敗血症、5歳以下に顕著で(または感染しやすく)、年齢に関わらず感染するようです。症状は、高熱、頭痛、吐き気、食欲減退、睡眠障害、首の痛み、明るい光を嫌ったり、間接や筋肉痛、発心などがあるようです。また、現段階の調査では、それぞれの患者との(感染経路など)関連はないようです。

Canterbury District Health Board says that meningococcal disease can be transmitted by coughing, sneezing or exchange of saliva (kissing or sharing drinking receptacles) and sometimes through prolonged contact with an infected person.

It can cause meningitis (an infection of the brain membranes) and septicaemia (blood poisoning), and is most common in children under the age of five years, although it can occur at any age.

Its symptoms may include a high fever, headache, vomiting or (in infants) refusal of feeds, sleepiness, a stiff neck and dislike of bright lights, joint and muscle pains and a rash.

*******
土曜日に突然死していたフルトンホーガンさんがこのバグによるものだそうです。


Two adults and a baby have contracted the same strain of an aggressive bug which killed Fulton Hogan chief executive Bill Perry on Saturday.

2人の成人と幼児が、土曜日にフルトンホーガンのチーフエグゼクティヴ、ビル・ペリーを殺した悪性のバグと同じ症状にあることが明らかになった。

Doctors are urging the public to be vigilant for signs of meningococcal disease after three people needed hospital care in Christchurch and Dunedin after contracting the same type-C strain that killed Perry.

病院での治療が必要とされる、ペリー氏を死に追いやったタイプCと同じ症状(または菌株)を持つ3人の人々がクライストチャーチとダニーデンへ搬送されたあと、ドクターたちは公共へ髄膜炎菌性疾患の兆候において油断しないよう訴えている。

One of those four is another Fulton Hogan worker, a man in his 50s who was at a meeting with Perry last week. He was admitted to Dunedin Hospital yesterday with septicaemia. He was expected to recover.

それら4人のうちのひとりである、もうひとりのフルトンホーガンで働いていた50歳の男性は、先週ペリーとの会議に同席していた。彼は敗血症の症状でダニーデンの病院へ昨日搬送されている。彼は回復する見込みにある。

Other people who were at the same meeting were also being monitored.

(ペリーとの)同じ会議に同席していた他の人々も監視されている(または症状がでているかどうか様子を伺っている)。

A baby has also been admitted to Dunedin Hospital with the same strain of the disease and a woman in her 40s is in Christchurch Hospital.

幼児もダニーデンの病院へ同じ症状(または同じ疾患の菌株)で搬送されており、そして40歳代の女性はクライストチャーチ病院に搬送されている。

Canterbury medical officer of Health Alistair Humphrey told Radio New Zealand this morning the patients were all well.

保険省のカンタベリーメディカルオフィサー、アリスター・ハンフリーはラジオニュージーランドに今朝、すべての患者はすべて良好だった、と話した。

"It is a strain of meningococcal but the patients are in a good condition."

それは髄膜炎菌性の菌株だが、患者たちは良好な状況にある。

He said health officials were working to understand if there were any links between the four cases. It was possible Perry may not have been the original source.

彼は保健省が4つのケースについて関連があるかどうかを理解するために調査していると述べた。

"It's a very hard disease to diagnose as well, but it's important that people go to their doctors quickly when they have concerns, particularly if children have a rash."

それは診断することも難しい困難な疾患であるが、それは、人々がそれに関心を持ったとき、特に子供に発疹などがみられる場合、人々を主治医(彼らのGPへ)向かわせることが重要だ。

The disease also caused flu-like symptoms and sensitivity to light.

その疾患はインフルエンザのような症状と光に敏感になる原因となることもある。


この記事では感染源が明らかにされていないのでなんともいえませんが、クライストチャーチとダニーデンに住む人々は、少々注意が必要かもしれません。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/5380417/Fears-as-aggressive-bug-spreads

0 件のコメント:

コメントを投稿