2011年8月23日

増えるテレビ広告の収入

オンラインでの売り上げは伸びていますが、テレビの広告もいまだ健在のようです。

Free-to-air industry body ThinkTV says television still reaches 96% of the population over a seven day period and the industry is expecting a strong end to the year.

フリートゥーエアー業界のThinkTVは、7日間においてテレビはまだ96%の人口に達しており、業界は年間を通して強いことを予期している、と述べている。

MediaWorks, which owns TV3 and FOUR, also says they are seeing "more television activity than we have seen for some time".

TV3とFOURを所有するメディアワークスもまた、テレビを観る傾向が以前よりもさらに強くなっている、と述べている。

(中略)

Surprising appeal

驚きの魅力

ThinkTV's CEO Rick Friesen says the continuing appeal of TV has come as something of a surprise considering the rise of digital media.

ThinkTVのCEO、リック・フリーセンは、デジタルメディアの上昇がみられるなか、TVの魅力は驚きの何かとして継続している、と述べた。

"Television has some strengths that weren't expected. People are watching more television, about 20% more than they used to before Personal Video Recorders (PVRs), and they are watching more live television."

テレビは予期されていないいくつかの強みを持っている。人々はもっとテレビを観るようになり、ビデオ録画がなかった頃よりも20%も多く、彼らはもっとライヴテレビをもっと観るようになっている。

Friesen says while advertisers have jumped on board with new media, they are now heading back to traditional television and its 30-second ad spots.

フリーセンは、広告業者たちが新しいメディアに飛び乗っていたが、彼らはいま、伝統的なテレビの30秒コマーシャルに向かっている、と述べた。

The growth in PVRs was expected to drastically hurt TV advertising but Friesen says that has just not happened.

録画の成長はテレビ広告を徹底的に打撃を与えると予測されていたが、フリーセンはそれはまだ起こっていない、と述べた。

"Ninety-five per cent of viewing is still to live television. For those who watch delayed programming, still 47% of ads are watched," he explained to AMP Business.

視聴者のうち95%はいまだにテレビに住んでいる。レコーディングされたプログラムを観るそれらの人々のうち47%はそれでもまだ広告を観ている、彼はAMPビジネスへ説明した。

He admitted it was surprising that people still watched ads but thinks it is partly due to ingrained behaviour: "You are used to watching television with ads and sometimes you just forget and let it roll."

彼はまだ広告を観ている人々がいることに驚いていたことを認めたが、昔から根付いた部分があると考えている:あなたはテレビを広告と共に観ていたものだった、そしてあなたは時々忘れそれを繰り返していた。

New Zealand's Advertising Standards Authority says newspaper advertising still holds top spot with $627m in turnover or 29.3% of the market, while television is close behind 28.4% or $607m.

ニュージーランドアドヴァタイジングスタンダードオーソリティは、新聞広告がいまだにトップで、$627ミリオンの収益、または市場の29.3%を占め、テレビ広告はその背後に迫る28.4%、または$607ミリオンの収益を上げている。

Spending on online advertising in the United Kingdom surpassed spending on television ads in late 2009 but online still lags behind newspapers and TV in New Zealand.

ユナイテッドキングダムでは2009年末にはオンライン広告がテレビ広告を凌いでいるが、ニュージーランドでは新聞とテレビ広告の背後でいまだに立ち遅れている。


ニュージーランドの新聞は、日本の新聞のようにチラシが大量に挟まれておらず、チラシは別にポストへ配布されているのが普通です。なので、新聞をとっている世帯は、(チラシ目当てではなく)新聞を情報源のひとつとして購入しているため、その間にある広告はインターネットの広告よりも強く、またインターネットの広告よりもテレビの広告に興味を示しているようにも思えます。いいかえれば、ニュージーランドでは、まだオフラインの環境に快適さを求める人々が多いのかもしれません。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/business-news/tv-ad-revenue-up-4360350

0 件のコメント:

コメントを投稿