2011年8月6日

25%以上を占める10代の失業者

若干改善の兆しはあるものの、いまだにその失業率は高いまま推移しています。

Teenage unemployment has hit a level not seen since the Great Depression of the 1930s, despite a slight drop in the country's overall unemployment rate outside Christchurch.

クライストチャーチ以外のニュージーランド国内全体の失業率がわずかに減少しているにも関わらず、1930年代の不況以来、10代の失業率がいままで見られなかった水準に達している。

Statistics New Zealand reported yesterday that the national unemployment rate held steady at 6.5 per cent in the three months to June, despite a fall in employment in Christchurch after the February 22 earthquake.

ニュージーランド統計局は昨日、2月22日の地震のあとクライストチャーチの雇用は減少しているにも関わらず、6月から過去3ヶ月間の失業率が6.5%でそれほど変わりがないことを報告した。

But the unemployment rate for the youngest age group aged 15 to 19 rose by 0.1 percentage points to 27.6 per cent - the highest teenage rate since the official survey began in 1986, and the highest since the 1930s if teenage unemployment followed the same pattern as adult joblessness in earlier years.

しかし、最も若い15歳から19歳のグループの失業率は0.1%上昇し、27.6%に達している - これは1986年からの統計で最も高い10代の失業率で、もし10代の失業が以前の(または当初の時期の)成人の失業と同じパターンになる場合、それは1930年から最も高い失業率になる。

Teenagers' share of the country's total unemployed, which was by far the highest of all developed countries in a survey last month by the New Zealand Institute, rose from 24.3 per cent in June last year to 26.2 per cent this June.

全国の失業者の合計の中で10代が占める割合は、先月実施された統計局の調査において、すべての先進国の中でもかなり高い数値となっており、去年の6月には24.3%だったのが、今年の6月には26.2%と増えている。

Almost half of all the unemployed in the country (43.8 per cent) are aged under 25.

全国の失業者のおよそ半分は(43.8%)、25歳以下となっている。

NZ Institute director Dr Rick Boven said the main reason so many young people were unemployed in New Zealand was that on average they left school sooner than in any other developed country.

ニュージーランド統計局ディレクター、ドクターリック・ボヴェンは、失業しているたくさんのニュージーランドの若い人々は、他の先進国と比べ、学校から早期に去ってしまっていること(または中退が多いこと)が主な理由だ、と述べた。

"We are not keeping the students engaged in school, so they are leaving early, and we are not providing adequate pathways into work," he said.

私たちは生徒を学校に留めることができていないため、彼らは学校を中退しており、学校から仕事に通じる適切な進路を用意できていない、彼は述べた

But Junior Sheck, 19, who left Otara's Sir Edmund Hillary Collegiate at the end of 2009, is still on the dole despite completing Year 13.

しかし、オタラサーエドモンドリラリカレッジを2009年の終わりに去った19歳のジュニア・シェックは、13年生を終了したにも関わらず、いまだに生活保護で生計を立てている。

He finished a one-year panelbeating course in June, cannot get work as a panelbeater and is willing to do anything.

彼は1年の板金工コースを6月に終えたが、板金工として働くことができず、いまはどんな仕事でもやろうとしている。

"I want to do physical work, work that's not sitting around."

僕は、椅子に座ってやる仕事(またはオフィスワーク)ではなく、体を使う仕事をしたい。

He said "quite a few" of the people in the panelbeating course had found work, but he has been handicapped by not having a car.

彼は、板金工のコースにいたごく僅かの人々が仕事を見つけており、彼は車を持っていないため不利な立場にあると述べた。

(中略)

However Social Development Minister Paula Bennett recently rejected the mayors' call to make contact with every young person after they leave school, and defended the current targeted youth transition services which operate in high-risk areas and contact only young people judged to be at risk.

しかしながら社会開発大臣ポーラ・ベネットは、学校を去った後のすべての若い人々へ働きかけようとする市長の呼びかけを却下し、そして現在最もリスクの高い地域の10代の遷移サービスを対象とした、リスクにある若い人々だけに働きかけることを主張した(要約すると、まず失業の割合が高い地域を対象とし、その中にいる10代を教育や訓練などの支援をすること)。

She noted yesterday that despite the record youth unemployment rate, the number under age 25 who are not in either employment, education or training ("NEET") fell slightly in the past year, from 10.7 per cent in June last year to 9.8 per cent this June.

彼女は昨日、若年層の失業率が記録的に増えているにも関わらず、25歳以下の失業者、教育または訓練を受けていない者(ニート)は過去1年間の間、去年の6月から今年の6月までに、10.7%から9.8%へ減少していることを指摘した。

The 15 to 19 NEET rate dropped from 9.5 per cent to 8.4 per cent, indicating the numbers in education or training increased even faster than the number unemployed and seeking work.

15歳から19歳のニートの割合は9.5%から8.4%へ減少し、失業率と仕事を探している人数の増加よりも、教育または訓練に取り組む人々の数が急激に増えている。

The NEET rate for the 20 to 24 age group fell from 11.9 per cent to 11.1 per cent. NEET rates for both groups peaked last year but are still higher than before the recession.

20歳から24歳のニートの割合は11.9%から11.1%へ減少している。両方のグループのニートの割合は去年最も高くなっていたが、それでもリセッション前と比較すると依然として高い割合を示している。



大荒れの景況の中、少なくともクライストチャーチを含めたニュージーランド国内の経済が安定するまで、この失業者対策が改善されるのは困難を極めるように思います。なので、オーストラリアへ移動する若年層の人々がさらに増えるかもしれません。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/employment/news/article.cfm?c_id=11&objectid=10743027

0 件のコメント:

コメントを投稿