2011年8月18日

エイズ患者が増えるニュージーランド

気になる方は血液検査を。

Last year, 149 people were diagnosed with HIV, and a further 39 people were notified as having Aids.

昨年、149人がHIVと診断され、さらに39人がエイズと通告されている。

MidCentral District Health Board sexual health service medical head Anne Robertson said it could not simply be put down to greater numbers of people getting tested. "Certainly, more people are getting tested than they were, but there is still a lot of stigma around it and I would say that that's not the only reason. I would say a lot of people still think `it won't happen to me'."

ミッドセントラルディストリクトヘルスボードセクシュアルヘルスサービスメディカルヘッド、アン・ロバートソンは、検査する人々の数を増やすのはなかなかうまくいかない、と述べた。疑いなく、たくさんの人々が以前よりもテストしているが、いまだに検査を受けることが不名誉と思われることもあるけれども、私はそれだけが理由ではないと申し上げたい。私は、まだにたくさんの人々がそれは私に起きることではないと考えている、と申し上げたい。

Of the 149 people diagnosed with HIV last year, 90 were men infected through sex with other men. Thirty-five people – 17 men and 18 women – were infected through heterosexual contact, and one child through mother-to-child transmission.

昨年149人がHIVと診断され、90人の男性が男性との性交渉で感染していた。35人の人々 - 17人の男性と18人の女性 - 彼らはバイセクシュアルとの接触により感染し、ひとりの子供が(母体を通して)母から子供へと感染していた。

The cause of infection for the other 23 people was unknown.

他の23人の人々の感染原因はわかっていない。

Dr Robertson said it was hard to break those figures down regionally without breaking patient confidentiality laws.

ドクターロバートソンは、地域ごとに数字を提供するのは患者の秘密を守る法律を破らない限り難しいと述べた。

The figures, released by the AIDS Epidemiology Group based at Otago University, showed a decrease compared with 2008 when more than 180 new cases were reported.

統計はオタゴ大学でエイズ疫学グループにより公表され、180の新しいケースが報告されたとき、2008年と比較すると減少していることが示されていた。

However, between 1987 and 2003 the number of new cases reported had not gone above 120.

しかしながら、1987年から2003年のあいだ、新しいケースの数は120件を超えることはなかった。

The AIDS Epidemiology Group records the data based on information provided by all specialists within New Zealand approved to prescribe antiretroviral therapy, and figures provided by Pharmac as to the number of people receiving subsidised antiretroviral therapy.

エイズ疫学グループはニュージーランドで抗レトロウイルス薬治療を処方することを認可されたすべての専門家によって用意された情報を元にデータをを、ファーマックによって用意された数字は抗レトロウイルス薬治療を処方された人々の数を記録している。

The group said that while the total number of people diagnosed with HIV in New Zealand was 3474, that would not be the number currently under care.

グループはニュージーランドでHIVと診断された人数が3474人だったとき、それはそのときに世話をしていた数ではなかった。

"We know that 678 people diagnosed with HIV, who have developed Aids, have died."

私たちはHIVと診断された678人がエイズを発症し、全員亡くなったことを知っている。

Of the remaining 2796, it is expected some will have gone overseas, others may have died without meeting the criteria for Aids or may not have been notified, and others would have opted out of care.

残りの2796人、うちいくにんかは海外へ、他の人々はエイズのための診察や通知を受けることなく死亡しているかもしれない、そして他の人々は世話を受けないことを選んだ。


このブログに前回のデータを取り上げていましたが、数字は増えています。衆知のとおりニュージーランドは同姓婚を認めているので、おとなりのオーストラリアからはるばるゲイの方がやってきて婚姻するケースが増えているようです。一説には、ニュージーランドで流行っているHIVはこのタスマン経由が多いのではないかと指摘されていたことがあるようですが、それを証明できる確かな数字はまだ公表されていません(シドニーの某所が噂されていました)。被害者にならないためには、やはりその現場からなるべく離れることが肝心で、この感染症においても、相手が100%感染していないことが医療による検査で証明できなければ、やはり一度は間を置くべきだと思います(心当たりのある方はぜひ検査を)。

治療できる病気になったとはいえ、一度でも感染すると、(薬物療法など)無駄な時間や労力を費やすことにかわりはないので、絶対に感染しないことが楽しく生きていく上での最低必要条件だと思います。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/manawatu-standard/news/5466390/Aids-on-the-rise-in-NZ

0 件のコメント:

コメントを投稿