2011年8月28日

バーから追放された少女がレイプ被害

酔っ払っていた少女は17歳の未成年だったようです。

A mother is shocked that her 17-year-old daughter was raped after being "turfed out" drunk from a suburban Christchurch bar.

ある母親が、17歳の娘がクライストチャーチ郊外にあるバーから酔っ払って追い出されたあと、レイプされたことに衝撃を受けていた。

Christchurch District Court Judge Michael Crosbie remanded Nixon Penese, 20, in custody yesterday after the machine operator admitted sexually violating the girl he found in a car park so drunk that she could not stand.

クライストチャーチディストリクトコートジャッジ、マイケル・クロスビーは昨日、駐車場で酔っ払って立てなくなっていた少女を性的に暴行した罪で拘留されていた機械オペレーター、20歳のニクソン・ペニーズへ再拘留を命じた。

The student and her under-age friends used false identification to get into the Bush Bar in Upper Riccarton at midnight on June 4 after drinking at one of the girl's homes, the court heard.

6月4日深夜に、学生と彼女の未成年の友人たちは、うちひとりの自宅でお酒を飲んだあと、ニセモノのIDを使ってアッパーリカートンにあるブッシュバーへ入店していた、裁判所は証言を聞いた。

The teenager was evicted soon after because she was drunk. She fell over in the pub car park and collapsed at a bank car park nearby.

10代の少女はあまりに酔っ払っていたため、すぐに追い出されていた。彼女はパブの駐車場で躓いて転び、銀行の駐車場の近くで崩れ落ちていた。

Penese found her there after being ordered out of the same bar. He had been travelling on a party bus.

ペニーズは、同じバーで彼女が追い出されたあと、彼女を見つけていた。彼はパーティバスに乗って徘徊していた。

He tried to get her into a taxi, but the driver refused the fare. At that time, the girl was so drunk she could not stand, the court was told earlier.

彼は彼女をタクシーに乗せようと試みたが、運転手は乗車拒否をしていた。その状況のなか、少女はかなり酔っ払っており、立つことができなかった、裁判所は早い段階で聞かされていた。

He then waved down a passing car and the driver took them to Penese's home in Hornby.

彼は道路に立ち車を拾い、運転手は彼らをホーンビィにあるペニーズの家へ運んだ。

No-one else was home. Penese took off the girl's clothes and had non-consensual sex with her.

誰も家にはいなかった。ペニーズは少女の服を脱がせ、彼女と同意のないセックスをした。

She was passing in and out of consciousness, and told him she was disoriented and scared.

彼女は意識が朦朧とする中、彼へ彼女が狼狽し怯えていることを彼へ話した。

The girl's mother, who cannot be identified for legal reasons, said she was glad Penese had admitted to the crime.

少女の母親、法的な理由により名前は明かされていない彼女が、ペニーズがその犯罪に加担していたことを認めたことをうれしく思うと述べた。

"I think it would have been awful to go through a trial and defended hearing," she said.

私はそれが法廷で争われていたことが苦痛で審理を支持していた、彼女は述べた。

"I hope he can spend some time in prison usefully doing something to make his life better for when he gets out and make certain he will never do anything like this again."

私は彼がこのような間違いを2度と起こさないように数年刑務所で過ごすことを望んでいる。

She was disappointed Bush Bar staff let her drunk, under-age daughter in and then kicked her out later in the night.

彼女は未成年の娘を入店させ酔わせ、そして彼女を夜中に放り出したブッシュバーのスタッフに失望させられていた。

"I find it shocking how she can be turfed out. The idea that it was OK to push out a drunk 17-year-old girl on her own into a pub car park," she said.

私はどのような理由であれ彼女が放り出されていたことに衝撃を受けていた。17歳の酔っ払った少女をパブの駐車場へ放り出すその考え方が正しいのかどうか考えて欲しい、彼女は述べた。

"It seems like a real lack of a duty of care. She was so ripe for any kind of predator. It was bad enough what happened, but at least we got her back alive."

それは、本当に被害者を世話するべき業務の欠如のようにみえる。彼女はその類の略奪者のための魅力を持っていた。それは起きてしまったことは十分悪い結果だが、私たちは彼女を生きて迎えることができている。。

She said her daughter was recovering from the ordeal and remembered snippets of the night including the attack itself.

彼女は、彼女の娘は、苦しい体験とあの夜の暴行されたことを含む記憶の断片から回復している、と述べた。

Her two friends left the pub and went to Belfast Tavern.

彼女の2人の友人はパブを去り、ベルファストタヴァーンに行っていた。

"I would like to think your friends would look after you and make some attempt to find you," the young girl's mother said.

私はあなたの世話をしていた友人たちが、あなたを見つけようとしていたと信じている、少女の母親は述べた。

Southern Area Commander Inspector Malcolm Johnston said he was disappointed in how the security staff behaved.

サウスエリアコマンダーインスペクター、マルコム・ジョンストンは、バーにいたセキュリティたちの振る舞いに失望したと述べた。

"I would have expected, and I suspect the owner would have expected, a different response bearing in mind that within 10 metres of the bar there's a line of taxis."

バーから10メートル以内にタクシーの待合場所があったことを踏まえたうえで違った認識がある、、私は彼らが被害者を守ると、バーのオーナーもおそらくそうだろうと私は期待していた。

Staff could have spoken to the young girl and attempted to contact a friend or even her parents, he said.

スタッフは若い少女へ、彼女の友人へ連絡するか、保護者へ連絡することを聞くことができたはずだ、彼は述べた。

"I was briefed that we had three very intoxicated 17-year-olds walk into the premises. How did three 17-year-olds that were grossly intoxicated walk into a licensed premise?"

私は3人の酔っ払った17歳の少女たちが店内に入店していたことを聞かされた。どのようにして、17歳の少女たちが未成年で入店できないところに(下品に)酔っ払い千鳥足で入店できたのか?

Bush Bar beverage operations manager Ben Tolhurst said while he could understand the mother's anger the staff were "just following what the law states" by evicting intoxicated people from the premises.

ブッシュバーベヴァレッジオペレーションマネージャー、ベン・トルハーストは、店内から酔っ払った人々を追い払うことにより法律に準じた行動をスタッフがしていたことに対し、少女の母親がスタッフに怒りを持っていることに理解を示した。

"My staff do their best to make sure we have zero tolerance for anyone being intoxicated on the premises. We are not allowed to have people showing signs of intoxication on the premises at all.

私のスタッフは、酔っ払っている人々のため一切の妥協をしないようにベストを尽くしている。私たちは酔っ払っている兆候を持つ人々を店内に入店させることを一切許可していない。

"It's tough to say what the right or wrong thing to do was on the night."

あの夜に何が正しくて何が間違いだったのか答えるのは難しい。


このブログでたびたび指摘しているとおり、被害者にならない最良の行動は犯罪の現場からなるべく遠ざかることで、この少女の行動はこの不文律を逸したものだということが容易に理解できると思います。17歳の酒好きに育ててしまった保護者の責任もさることながら、本人の行動があまりに軽率で無責任であることは否めません(まわりの友人も少女を置いて他の店へ行っていたのもあまり褒められた行動ではないように思います)。しかしながら、(事件の要因を作り出した)弱者を攻撃した加害者が最も罰を受けるべきであるのは当然で、相応の重い刑罰に処するのが妥当だと思います。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/the-press/news/5516696/Drunk-girl-raped-after-eviction-by-bar-staff

0 件のコメント:

コメントを投稿