2011年8月22日

CTVビルから生還した被災者の声

この生還者は、崩壊したCTVビルの、あの瓦礫の山の中から生還した被災者のひとりで、彼女の証言の、ほんの一部だけが記事になっています。


Trapped beneath a mountain of rubble and resigned to the fact she may not make it out alive, Clemency Mutze began saying her last prayers.

瓦礫の山の下にとらわれ、彼女は生きられないかもしれない事実を放棄し、クレメンシー・ミッジーは彼女の最後の祈りを話し始めた。

"I just thought this is it. It's over. I want to die in peace."

私はこれが、私の最後だと思っていた。もう終わりだ、と。私は平和に死ぬことを望んでいた。

Just moments earlier she had been leafing through a magazine in a waiting room on the fifth floor of the CTV building in central Christchurch.

そのほんの少し前に、クライストチャーチ中心部にあるCTVビルの5階の待合室で、彼女は雑誌をパラパラとめくっていた。

But as the building crumbled around her, breaking her back, shattering her tailbone, and pinning her body, Clemency - fearing the worst - was willing for it to be over.

しかし(状況は一転し)、彼女のまわりにビルのかけらが砕け落ち、彼女の背中を破壊し、彼女の尾骨を砕き、そして、彼女の体を釘付けにした、クレメンシー - 最悪の状況に恐れていた - 彼女は、彼女の人生がそこで終わってしまうことをいとわなかった。

"There was one point where I smelt smoke in the building that's when I knew it was really, really bad."

ビルの中でたった一箇所だけ煙のにおいがした、それは本当に、本当に悪い状況を知った時だった。

"So I said my gratitudes and I prayed that my loved ones would be looked after."
But then, as her thoughts turned to her family, her brother's words began ringing in her ears.

それで、私は感謝の気持ちを述べ、私が愛する人々が私の最後を看取ってくれることを祈っていた。そんな気持ちとは裏腹に、彼女が考えていたことが彼女の家族へ向けられ、彼女の兄弟たちの言葉が彼女の耳の中で響き渡り始めた。

"A week or so before I had a conversation with my brother who told me 'you can always get yourself out of any situation'."

一週間くらい前、私は兄弟と会話をしていて、彼が私に、”あなたはいつも、いかなる状況からも脱することができる”、そう話していたことを思い出した。

And so with her right arm she located a concrete reinforcement rod, which became her lifeline to safety.

それから、彼女の右腕はコンクリート強化ロッドにあったが、それが安全への彼女の生命線になった。

"I just poked it through the rubble and started yelling for help over and over. I was determined I was going to say it to the end."

私は腕を瓦礫に突っ込んでいた、そして救助を求めるため何度も繰り返し叫び始めた。私は最後までそれをいい続けることを決心させられた。

And then, from the cover of darkness came a voice: "we're going to get you out of here." Sometime later amid the tangled mess of the collapsed CTV building, Clemency looked up to see the face of her rescuer who "looked like an angel".

そのあと、暗闇から声が聞こえた: 私たちがそこからあなたを助け出します。それからしばらくして、めちゃくちゃに崩壊したCTVビルの中で、クレメンシーは顔を上げみつめると、彼女を助けようとしていた、救助隊の顔が天使のように見えた。

For several days Clemency remained in hospital and even today six months on, she admits there are dark days - though she has drawn positives from the experience.

数日後、クレメンシーは病院に残されていた、6ヶ月たった今でも、彼女はそれは暗い日々だったことを認めた - 彼女は経験から自信を探り出したれども。

In a few weeks she will open her own beauty therapy business, something said she had only dreamt about before.

数週間以内に、彼女は以前ちょっとだけ夢に描いていた、美容セラピービジネスを彼女自身で始めようとしている。

"I see things so differently. I'm a completely different person to what I was before February 22. I have more compassion ... and I've definitely become more proactive because I know life is short, whereas before I felt really immortal."

私はあらゆることが違ってみえるようになった。2月22日の地震以前までの私と、まったく違う今の私がいる。私はもっと思いやりを持てるようになった…そして、私は積極的にもっと活発になっている、なぜなら以前は私はそう簡単に死ぬことはないと感じていたその人生が短いものだと知っているから。

"I see the beautiful things in life that I didn't have time for before."

私は、それまでになかった、人生ですばらしい出来事がみえるようになった。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10746162

0 件のコメント:

コメントを投稿