2011年8月11日

募金額$105m以上がNZ赤十字へ

クライストチャーチ地震で被害に遭った人々を支援するためにニュージーランド赤十字に寄付された金額が$100ミリオンを超えているようです。使途用途の一部が記載されているので、それを簡単に。

More than $100 million has been donated to the New Zealand Red Cross to support those suffering from the earthquakes which have devastated Christchurch.

クライストチャーチに大きな打撃を与えた地震に苦しむ人々を支援するため、$100ミリオンを超えるお金がニュージーランド赤十字へ寄付されている。

Of the money raised, more than $49 million has been distributed and Red Cross will today offer further grants to people in need.

寄付されたお金のうち$49ミリオンが人々へ支給され、赤十字は今日、必要としている人々へさらなる補助金のオファーをしている。

The grants, launched after the February 22 quake killed 181 people and caused widespread property damage, have come from more than $69 million donated by the public to the organisation's 2011 earthquake appeal.

2月22日の地震で181人の人々が死に追いやられ、広範囲にわたる住居が破壊されたあと設立された補助金は、2011年地震アピールのために、人々によって寄付された$69ミリオン以上の資金から供給されていた。

Red Cross organisations overseas have raised another $14 million, while $22 million was donated by New Zealanders after the quake in September 2010 - a total of $105 million.

2010年9月の地震のあとにニュージーランドの人々によって$22ミリオンが寄付されている間、海外の赤十字はさらに$14ミリオンを得ていた - すべての合計が$105ミリオンに達していた。

Most of the money paid out - $44.2 million - has gone to affected people in the form of emergency hardship grants, while $10,000 bereavement grants have been provided to 178 families of those killed.

ほとんどの支出は - $44.2ミリオンのお金は - 近親者を失った178家族へ$10,000のブレイヴメント補助金、そして緊急ハードシップ補助を必要とする人々へ支給されている。

Brian Kennedy, who lost his wife Faye in Christchurch's CTV building in the February 22 earthquake, said the payout had made life a little easier.

2月22日の地震で(崩壊した)クライストチャーチのCTVビルにいた妻を亡くしたブライアン・ケネディは、この支給は少しだけ生活を楽にさせた、と述べた。

"It's not going to bring [my wife] back," Mr Kennedy said.

それは私の妻を戻せるわけではない、ケネディ氏は述べた。

(中略)
The New Zealand Red Cross will today announce two new grants - a $500 grant for people left without flushing toilets for at least 90 days, and a $250 grant for caregivers whose children have been forced to move to new homes and schools.

ニュージーランド赤十字は今日、ふたつの補助金 - $500ミリオンを少なくとも90日以上水洗トイレを流せなかった人々へ、$250ミリオンを新しい家や学校へ行くことを余儀なくされた子供のケアギヴァー(世話をする人)へ支給することを公表した。

(中略)


Red Cross grants paid out as of August 4 include:

8月4日に赤十字が支給したのは:

* $1.78m in bereavement grants to families of earthquake victims (some applications are still being processed).

* $1.78ミリオンを地震で近親者を亡くした家族へブレイヴメントとして支給(いくつかの申請はいまだに手続き中)

* $2,717,250 to caregivers of 5581 children affected by the closure of a school or early childhood facility, with the aim of keeping parents and children connected.

* 地震により幼稚園や学校が閉鎖され、子供と保護者を保護する観点から、その影響を受けた5581人の子供たちのケアギヴァー(世話をする人)へ$2,727,250を支給。

* $54,250 to caregivers of 223 children in recognition of school relocations.

* 転校して認証された、223人の子供たちのケアギヴァー(世話をする人)へ$54,250を支給 

* By August 29, more than $1.5m will have been paid in heating subsidies to the most vulnerable.

* 8月29日までに、最も被害の大きい地域へ$1.5ミリオン以上を暖房費補助として支給。


RED CROSS RESPONSE

赤十字からの回答

* 14 emergency teams of 289 volunteers worked more than 6800 hours.

* 289人のボランティアからなる14の緊急チームが6,800時間以上活動。

* 20 rescue team members worked 700 hours after the quakes.

* 20の救助チームメンバーが地震のあとに700時間活動。

* 6 welfare centres manned by Red Cross teams supporting over 3000 evacuees with welfare, psychosocial support, first aid and registration.

* 赤十字のチームによって管理していた6つの福祉施設(避難所)において3,000人以上の避難者を支援し、怪我の治療、初期治療、そして登録の業務。

* 275,150+ litres of water distributed.

* 275,150リットル以上の水の供給の実施。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10744312

0 件のコメント:

コメントを投稿