2011年9月3日

ミニヘッドライン 2011/09/03

9月の最初の土曜日の記事から。

生産業の停滞が示す2番底に向かう世界経済

World factory output slowed in August as worries about the euro zone and US debt reduced confidence, heightening fears the global economy could sink back into recession.

Manufacturing contracted in the euro zone for the first time in almost two years, echoing earlier data from South Korea and Taiwan, where new export orders fell sharply, surveys of company purchasing managers showed today.

In China and the United States, similar surveys showed worrisome signs for future manufacturing.

この記事では台湾と韓国、そして中国の輸出が極端に落ち込んでいるようです。これが意味していることはいくつかありますが、ひとつは、買わない・買えない人々が増えていること、そして、特に長持ちする電化製品などが、低価格で急速に普及したことから、需要がひと段落したこと、などが挙げられています(台湾と韓国へこれが直撃している)。ニュージーランドでも物価高はハンパなく、それにより家計が逼迫し、借金して何かを買おうという世帯はかなり少なくなっています(金利の支払いがバカにならない)。また同時に、得られる収入が増えない状況は、ここ10年改善されていないように思います(物価の上昇率の半分しか上がっていない)。これから不景気が来るとなると、(特に借金をしている人々や賃貸に住む人々へ)かなりの負担が増えるかもしれません。


サウスカンタベリーファイナンス代表、アラン・ハバード氏が死亡

LATEST: Embattled Timaru financier Allan Hubbard died yesterday after a serious crash north of Oamaru. Mr Hubbard's wife Jean, 82, who was driving their car when it collided head-on with a four-wheel-drive utility towing a trailer, was also in Dunedin Hospital with what police described as "fracture injuries". The crash happened on State Highway 1 at Richmond at about 1pm yesterday. Mr Hubbard, 83, was understood to have suffered life-threatening injuries, but died on his way to hospital.

国道1号線のリッチモンド付近で午後1時頃、アラン氏の奥さんが運転する小型車が対向車の4輪駆動車と正面衝突し、横に座っていた彼はその事故によりが息を引き取ったそうです。享年83歳。事故原因等は調査中です。このブログの最初の記事は、このサウスカンタベリーファイナンスがビリオンを超える負債を抱えて倒産したのが始まりで、当時、その負債は政府を左右するだろうと思っていました(現在もこの責任の所在で不明なところあり)。そのあとに起こる、パイク・リヴァーの事故、そしてカンタベリー地震により、SCFの記事は隅においやられることになりましたが、いま思えば、彼はかなり幸運だったと思います。そして、最後の最後に運に見放された、そんな感じがします。


経済は予想していたほど悪くないかもしれない

The latest round of financial results for the June year have been a mixed bag of profits and losses.

Most, including Fletcher Building, Telecom and Contact Energy, New Zealand's biggest listed companies, met or exceeded profit expectations, though tepid economic growth meant a rebound in sales remained elusive.

"You don't get a sense of despondence about how New Zealand companies are faring," market commentator Arthur Lim says.

"You get a feeling that they have gone through some pretty tough times, but they are now very well positioned for any growth that emerges.

"And if the world turns to custard, they feel they have positioned the business and deleveraged sufficiently to be able to handle it this time around."

That has led to analysts reversing previous earnings downgrades for the 2012 financial year which have proven to be too pessimistic, Lim says.

この記事はマーケットコメンテーターからの意見をもとにしたもので、彼が最後に残したものがこれです。

If even just a fraction of that money came to New Zealand "we wouldn't know what to do with it", Lim says.

(アメリカ合衆国に投資していた)お金の一部がニュージーランドに来ていても、私はそのお金で何をするのか知らない。

確実に利益が出せる投資先がない、または安心して投資できるところがない、といっています。なぜ彼がこのような意見を最後に残しているのか、ぜひ、この記事の確認をしてみて下さい。ニュージーランド経済に興味のある方へはお勧めだと思います。ニュージーランドの経済の話をベースに、世界経済とオセアニア経済も触れられており、内容が深く興味深いです。


またも延期されたハッピーフィートの旅立ち

Treacherous conditions have delayed Happy Feet's release into the Southern Ocean by at least another day.

The emperor penguin has been living in a specially-designed crate onboard the research vessel Tangaroa since Monday, en route to a drop-off point south of Campbell Island.

He was due to be released yesterday, but his progress south has been hampered by rough weather.

Wellington Zoo vet Lisa Argilla, who is travelling onboard with Happy Feet, said the weather had forced the boat off course.

"Yesterday the wind reached 71 knots and is currently at 50 knots so still dangerous."

彼はいま、タンガロア船に乗り、南極海にいます。ここ数日天候が芳しくなく、昨日今日予定されていた旅立ちが、またも延期されたようです。(現在悪天候で進めていないため)あと160kmほど南極に向かった先で彼を放す必要があるので、もうしばらく時間がかかるかもしれません。


いつクライストチャーチの余震は終わるのか?

One year on from the September 4 earthquake, Cantabrians are still asking when the aftershocks are going to end.

Just this week, three jolts magnitude 4 or larger have shaken the region, following weeks of a relative lull in seismic activity.

In the twelve months since the magnitude 7.1 earthquake, more than 8,000 aftershocks have struck the region.

12ヶ月で8,000回以上の余震が発生したようです。2月22日と6月15日の大きな余震は想定外だったと述べられています。直近でも、マグニチュード4.0以上の余震が発生しており、いつまでこれが続くのか、との問いに、GNSは、余震の揺れの大きさは小さくなっている傾向にあると述べていますが、大きな地震が起きるかどうか、また、余震がいつ終わるかは、まだはっきりしていないようです。


ジュリア・ギラード首相:私はやめない

Prime Minister Julia Gillard insists she will lead the Australian Labor Party at the next federal election, despite questions over her leadership.

Speculation about Ms Gillard's hold as prime minister has increased since the High Court this week ruled the government's proposed refugee swap deal with Malaysia was unlawful.

Ms Gillard dismissed talk of her party moving against her.

"I will be leading the Labor Party to the next election," she said in Canberra on Saturday.

最高裁でマレーシアの難民の扱いが違法だった疑いがかけられているようです。(罪を認めることにもなるので)いろんな意味でやめないほうが、いいのかもしれません。


人を笑わせるという理由で性的容疑が取り下げ

A sexual abuse expert has criticised a judge who allowed a comedian to walk free from sex charges against his 4-year-old daughter, in part because he "makes people laugh".

At sentencing yesterday at Auckland District Court, Judge Philippa Cunningham discharged the man without conviction on a charge of performing an indecent act.

4歳の娘に性的ないたずらをしたという容疑で訴追を受けていた、ニュージーランドの(裁判では匿名の)有名なコメディアンが、彼は人を笑わせられるからという理由によって、その訴追を取り下げられ、彼は無罪放免で釈放されたようです。オムツを脱がしてキスした上で、あれっ、君じゃなかったの?という言い分が、真実だったとはにわかに信じられません。容疑者の弁護士の腕なのかもしれません。


ニュージーランドネクストトップモデルが決定

Motueka barista Brigette Thomas was overwhelmed and "a bit speechless" at winning New Zealand's Next Top Model last night.

Ms Thomas, 21, beat fellow contestants Bianca Cutts, 16, and Rosanagh Wypych, 17, to claim the title in a live catwalk showdown at Fashion Week in Auckland.

ネルソンのモチュエカに住むブリジット・トーマスさん21歳に決定しました。この受賞により62ものモデルのコントラクトが与えられるそうです(なので、ネルソンを離れ、オークランドに住む予定のようです)。



.

0 件のコメント:

コメントを投稿